Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ヤコブセンの容態

ファビオ・ヤコブセンの手術結果と現在の容態

Share your love

ツール・ド・ポローニュ(Tour de Pologne:ツアー・オブ・ポーランド)の第1ステージにおいて、そのゴール前下りスプリントでDeceuninck-QuickStepのファビオ・ヤコブセン(Fabio Jakobsen)が激しく落車。頭部と顔・気道に重大な損傷を負い、意識不明となった。

その原因は、Jumbo-Vismaのスプリンター、ディラン・フルーネヴェーヘン(Dylan Groenewegen)による斜行である。彼の前には誰もおらず障害物は何もなかったにもかかわらず、フルーネヴェーヘンは道路中央あたりからフェンス際を走るヤコブセンへ体を寄せていき、ヤコブセンをフェンスに衝突させ、落車させた。



病院で緊急搬送されたヤコブセンは、容態を安定させるために人工的に昏睡状態にさせられた。そして木曜日に頭部や顔の手術を受けた。その結果や現在の状況をDeceuninck-QuickStepが公表している。



チーム公式:Fabio Jakobsen brought out of induced coma

上記公式ページには次のように書かれている。

Two days after being seriously injured in a high-speed crash that took place on the finishing straight of the Tour de Pologne stage 1 in Katowice, Fabio Jakobsen was awakened from coma Friday afternoon by the doctors of the Sosnowiec hospital.
Fabio, who Thursday night underwent a five-hour maxillofacial surgery, was able to move his legs and arms and communicate with the doctors, which immediately ruled out major neurological problems. Due to the surgery, speaking and eating will be a challenge in the coming period as the recovery process is expected to be a long and arduous one.



これには、5時間に及ぶアゴ周辺の手術を受けたこと、今は人工的な昏睡状態から目覚め、手や足を動かすことができていること、医師ともコミュニケーションが取れていること、主要な神経回路の問題はないことが報告されている。また、手術の成功によってそのうち会話や食事もできるように見込みであるとも書かれている。

まだまだ回復には時間がかかってこれから大変なリハビリが待っているやろうけど、ひとまずは安心というところやね。なお、家族や恋人はすでに病院に駆けつけている。





Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6415

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!