NTT消滅が近づいている。スポンサー探しは困難。

いよいよチームNTTことNTTプロサイクリングの今年度限りでの消滅がいよいよ現実的になってきた。

チームのボス、ビャルヌ・リース(Bjarne Riis)がNTTに代わる新スポンサーの獲得が難しいと発言しているからだ。

情報源:Bjarne Riis on sponsor search to replace NTT: ‘It is difficult’

ビャルヌ・リースは報道陣から、「チームの未来はどうなるのか?」と質問されたとき、次のように述べている。

“I don’t know to be honest. I hope the team has a future because it deserves to have a future.”

訳「ぶっちゃけわからん。ただ存続の可能性はあると思っている。なぜならチームはそれに値するチームだから」

全く答えになっていない答えである。さらに続けて、

“we are working on it and it is difficult. We have to admit that. I can’t tell you a lot more.”

訳「まだ新スポンサー探しに奔走している最中だが、うまくいっていない。それを認めざるを得ない。これ以上は何も言えることはないんよ」

普段は強気な発言の多い(?)ビャルヌ・リースが、この言葉遣いである。

(´・ω・`)もうダメかもしれんね。

現在ジロ・デ・イタリアでは小さな巨人、37歳のベテランのドメニコ・ポッツォヴォーヴォ(Domenico Pozzovivo)が大活躍中。まだ序盤とはいえ総合成績6位という上位である。

個人的にもポッツォヴィーヴォは好きなので、なんとか来年も、そして40歳まで彼が走れるチームがあると嬉しい。なんとかならないものか。NTTがダメなら、もう富士通でもNECでもいいぞ。ていうかSonyさんも頼むよー。

選手の移籍市場が閉じるまで、そしてUCIの来季に向けた書類審査まで残された期限はどんどん少なくなっている。デッドラインはすぐそこである。選手・スタッフは気が気ではないだろう。

10 thoughts on “NTT消滅が近づいている。スポンサー探しは困難。

  1. 一昨年メインスポンサーに名乗りを上げて入部を迎え入れたNTTに歓喜し、いずれポスト別府、新城を育ててくれるのではないかと思っていたのに。
    まさか一年で当たり前のように撤退するとは…
    F1から撤退するホンダでさえ一年猶予を持ってなのに、コロナの先行きが不透明な中スポンサー探しの荒波に放り出されるとは
    もう少し辛抱して欲しかったよNTT…
    今年は比較的良い位置で選手たちも気合充分目立っていたのに。
    なんとかスポンサー見つけてくれ!

    1. ほんとせめて、せめてあと1年・・・いやこの際あと半年でもいいから・・・

      そんな気持ちブヒね。

      ヽ(`Д´)ノだいたい1年なら1年でと最初から公言しとけっちゅーねん!

  2. この時期に厳しい発言が出ちゃうと、相当やばいんだなって感じですね。
    CCCやカチューシャのようにどこかのチーム、アルケアやアルペシンあたり?に吸収してもらうという手もありますが、、、
    イタリア兼ヨーロッパチャンピオンがいるんだからどこかスポンサーやってくれそうなもんですけどね。

    1. かなり厳しそうなイメージブヒね。どこの企業もまだまだ先が読めないコロナで腰が引けているのかもしれないブヒね。
      コロナでもぼろもうけしてる(?)GAFAはそもそもスポンサーして知名度向上させる必要など全くなく・・・だったらどこの業界がというと、うーん・・・という感じ。

      アルペシン・フェニックスによる買収にも期待したいところだが、同チームはヨーロッパツアーで1位になったのですでに来年度は全てのワールドツアーに自動的に招待される権利を獲得ずみ。
      より安い運営費でワールドツアーに出場できるならば、わざわざ高いお金をだしてワールドツアーライセンスを買う必要もなく・・・

      もうこうなったら、バスクのオレンジチームに・・・

  3. スタジアムスポーツと違ってどんなに成績が良くて人気でも赤字、広告費として払うだけですから、サイクルスポーツに理解がある企業じゃないと難しいですよね…
    早く全体の構造改革しないといずれもっと多くのWTチームが消滅する大変な時期が来そう
    今親会社の資金がデカイプロコンといえばトタルとかでしょうか

    1. あーたしかにトタルは規模でかいブヒね。イネオスに近い感じ。ならば・・・(;゚д゚)ゴクリ…

  4. CCCのように買収されると、ビャルヌ・リース以下首脳陣が不要になるから、
    どうしてもスポンサーを探したいんだろうね。
    でも、長引かせて選手が路頭に迷うようなことは避けて欲しい。

    トタルが買収してくれれば、即ワールドチーム入りだけど難しそうだね・・・

    1. アフリカに対する慈善活動にどれだけ関心をもっている企業なのかどうかが、やはり重要となるブヒね。チームとしてもそこはたぶん譲れないところ。
      その理解がある企業で大きなところとなると、なかなかこのご時世見つけにくいか・・・

  5. もうNTTとHONDAには失望しかないですね
    そりゃ懐事情があるのは誰だって分かる話だけど、特にNTTは表明するタイミングとかも含めてチームのその後のことも考慮してやるべきでしょうよ
    東京オリンピックに向けてディメンションデータからノウハウ得るのが目的だとは言われてたけど、技術的にはもうOKだからスポンサードももうしなくてOK、みたいな腹の底を想像してしまいますね

    1. ホンダァッ!

      せめてホンダみたいにあと1年は猶予期間ほしかったブヒね。
      あるいは、どうせならNTTが新スポンサーを紹介してくれればよかったのに・・

      引きつぎちゃんとしてよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください