ゲラント・トーマスはシーズン終了へ

ジロ・デ・イタリア第3ステージで落車し、骨盤を骨折したゲラント・トーマス(Geraint Thomas)。

その骨折からの回復には数週間かかるため、実質今シーズンはもう終了となった。もちろんブエルタには出場しない。

情報源:Geraint Thomas ends season after Giro d’Italia crash

Gのシーズン終了

ゲラント・トーマスの落車は、第3ステージのニュートラルゾーン付近で起きた

まだパレードランの延長上みたいなエリアである。どこかから転がってきたボトルを踏んだことが落車の原因と思われている。

当初はブエルタまでには回復し、それに出場できるのではないかという予想もあったが、34歳というもう若くはない年齢でもあるし、コロナの脅威もあるため無理をしないでおとなしく来シーズンまで静養という判断になったのだろうと予想する。

ベルナルもシーズン終了。ブエルタはカラパス&フルームがリーダーか

一方、もう1人のエースで今年のツール・ド・フランスを途中でリタイアしたエガン・ベルナル(Egan Bernal)のシーズン終了もすでに発表されているため、10月後半からのブエルタ・エスパーニャにはおそらくリカルド・カラパス(Richard Carapaz)とクリス・フルーム(Chris Froome)がダブルエースとして登場すると思われる。

ただ、フルームの仕上がり具合によるが、最終的にはカラパス単独エース体制となる可能性のほうが現時点では高いように思われるが・・・さてどうだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください