UCIチーム順位:あの2チームの大接戦!

毎年年間最多勝を勝ち取るDeceuninck-QuickStepだが、UCIチームランキングという観点では今年はJumbo-Vismaと熾烈なデッドヒートを余儀なくさせられている。理由は2つ。新コロナでロードレースが減ったのと、プリモシュ・ログリッチである。

昨日ログリッチはブエルタの連覇を確定させたが、まずは11/3に更新されたばかりの最新のUCIチームランキングを見てみよう。

11/3現在のUCIチームランキング(トップ25まで)

RankNameNationPoints
1DECEUNINCK – QUICK – STEP (DQT)BEL9736.16
2JUMBO – VISMA (TJV)NED8565
3UAE TEAM EMIRATES (UAD)UAE8291
4TEAM SUNWEB (SUN)GER7582.71
5INEOS GRENADIERS (IGD)GBR6871.33
6TREK – SEGAFREDO (TFS)USA6591
7 +1BORA – HANSGROHE (BOH)GER6418.5
8 -1ASTANA PRO TEAM (AST)KAZ6404
9GROUPAMA – FDJ (GFC)FRA5294
10MITCHELTON – SCOTT (MTS)AUS4938
11 +1EF PRO CYCLING (EF1)USA4929.99
12 -1ALPECIN – FENIX (AFC)BEL4788
13BAHRAIN – MCLAREN (TBM)BRN4378
14TEAM ARKEA – SAMSIC (ARK)FRA3697
15AG2R LA MONDIALE (ALM)FRA3588
16CCC TEAM (CCC)USA3434
17LOTTO SOUDAL (LTS)BEL3091
18CIRCUS – WANTY GOBERT (CWG)BEL2778
19COFIDIS (COF)FRA2638
20NTT PRO CYCLING (NTT)RSA2598.33
21MOVISTAR TEAM (MOV)ESP2305
22ISRAEL START – UP NATION (ISN)ISR1878
23NIPPO DELKO PROVENCE (NDP)FRA1553
UCI公式サイトより

Deceuninck-QuickStepとJumbo-Vismaとの差は約1200ポイント弱。しかし、これには直近一週間分のブエルタの結果が反映されていない。

直近のブエルタの結果を反映させると?

11/3以降の一週間で、Jumbo-Visma&ログリッチが獲得したポイントは概算で次のようになる。

  • ブエルタ総合優勝:850
  • ブエルタポイント賞:100
  • ブエルタでリーダージャージを着ていたことによるポイント:日数x20
  • ブエルタでのその他ポイント:第16ステージの2位で40、そしてその他いろいろ(詳細不明)

これらのポイントを合算すると、Jumbo-Visma側にはおおざっぱだが1300ポイントぐらい上積みされることになる。

またDeceuninck-QuickStep側にもブエルタの結果に応じてポイントが少しはいる。例えば昨日の最終日マドリードでのスプリントでは2位だったため、40ポイントが入る。またその他いろいろなポイントでだいたい130ポイントぐらいが入りそう。

これらの結果、両チームの点数は荒く計算して、

  • Deceuninck-QuickStep:9866前後
  • Jumbo-Visma:9865前後

という、たった1ポイントの差になってしまう。

ただこの計算はあくまで上述のように大雑把な計算でしかいないので実際どうなるかはUCIによる公式発表を待つことになる。だが、かなり僅差のデッドヒート模様になっているのはわかってもらえると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください