セカンドキャリア

ロット・ソウダルに新人監督が誕生。ニコラス・マースが引退後に監督へ

今年の引退したロット・ソウダルのニコラス・マース(Nikolas Maes )が、同チームの監督として新たなキャリアを始めるもよう。

情報源:Maes becomes sports director at Lotto Soudal

マースは今年10月に行われたデパンネ3日間ことDriedaagse Brugge-De Panneを最後のレースとして引退した。現在34歳のベルギー人。

そんな彼がロット・ソウダルの新人監督として2021年から活動を始める。

かつてはクイックステップでクラシックの王様にしてベルギーの英雄トム・ボーネンを支えていた選手だけに、やはりクラシックやワンデイレースで指揮・指導することが中心となるもよう。

良い選手が良い監督になれるわけでもなし、その逆もまたしかり。さて、マースはどんな監督になるか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください