ロードレースのツール・ド・フランス

もう終戦!?2021ツール第8ステージの結果と感想

今日の第8ステージからついに今年のツール初の山岳ステージが登場。総合勢の争いに大きな変動は?そしてマチューの次にマイヨ・ジョーヌを着た人物は?

今日のコース

ロードレースのツール・ド・フランス

上述のように今年のツールで最初の本格的な山岳ステージの登場だ。特に後半に1級山岳が3つ連続で詰まっているのが特徴だ。

おそらくその3つのうちの最後で総合争いが勃発するはず。確実にマチュー・ファン・デル・プールは今日でマイヨ・ジョーヌを失う。

果たしてマチューからマイヨ・ジョーヌを奪うのは?そして山岳賞ジャージを着るマテイ・モホリッチはそのジャージを守れたのか?

スタートから混沌と波乱。ログリッチもGもカラパスもみんなダメ。

今日のレースはスタート直後から登り。もちろんスプリンター勢はすぐに遅れていく。そしてメイン集団では世界最高の逃げ屋トーマス・デ・ヘントが最初にアタックして単独で飛び出すも、成功せず。

その後も他の選手らが続々とアタックする。いっときはテオ・ゲイガン・ハートとワウト・プルスというかつてのチームSky(イネオス)コンビが飛び出すも、それも少しして吸収。

それからも断続的に誰かが飛び出そうとするも、結局誰も逃げを決められない。その状態で50km以上過ぎていく。

そしてその間にとんでもないことが起こっていた。Jumbo-Vismaのプリモシュ・ログリッチとINEOS Grenadiersのゲラント・トーマスという2大エースが大きく遅れていったのだ。

ロードレースのツール・ド・フランス

まだ残り100km近くある時点で、この差である。ポガチャルとカラパスがいる先頭集団から、ログリッチは3分、そしてゲラント・トーマスに至っては、山で遅れて当たり前のスプリンターのマーク・カヴェンディッシュと同じグループで6分以上の遅れだ。もう完全にGは総合優勝は諦めたか。

そして結局逃げらしい逃げが決まったのは60km以上も走ったあとか。残り90kmあたりになってやっとワウト・プルスの逃げが決まったかのようになった。

その頃メイン集団ではUAEのチームメイトがポガチャルの周囲におらず、ポガチャルが単騎になっていた。いちおう先行する集団にフォルモロだけはいたようだが。

(‘A`)「え、これまずくない?」

と不安になったが、結局レースが進むにつれてポガチャルはフォルモロとも合流。そしていったんレースが落ち着いたようになった。

一方レースの先頭では、マイケル・ウッズ(イスラエル)、ディラン・トゥーンス(バーレン)、セーアン・クラーウアナスンとティシュ・ベノートのDSMコンビ、そしてヨン・イサギレ(アスタナ)などが逃げ続けていた。

メイン集団では上動画のようにステファン・デボッド(アスタナ)がかなり心配な落車を起こすが、このあと少し時間をかけて無事にバイクに復帰した。

そして残り30km・・・

ポガチャルがアタック!これにカパラスが一度は反応するが、ポガチャルの連続アタックについていけなくなり、ここからポガチャル爆走開始。先行する逃げを一人で追いかける。まだ30kmもあるのに・・・

そんなポガチャルが速すぎる。みるみるうちに逃げる選手との差をつめていく。逆にカラパスとの差がどんどん開いていく。この若者やっぱりおかしい。明らかに一人だけレベルが違う。

レースの先頭はディラン・トゥーンスとマイケル・ウッズの二人で、彼らとポガチャルとの差は3分近くあったが、あれやこれやのうちに遅れたマイケル・ウッズを吸収し、さらに先頭をひた走るディラン・トゥーンスとの差も1分以内に。

ポガチャルは追いつけるのか?トゥーンスは逃げ切れるか?その結末はこの動画でどうぞ。

見事トゥーンスが逃げ切り!ジロも含めて今年のバーレーンなんかおかしいぞ!(いい意味で)

なお、今日のスタートから積極的に攻撃をしかけていたこれまたワウト・プルスが山岳賞ジャージの奪取にも成功している。もちろんこれまたバーレーンの選手だ。

そしてゴール前30kmからまさかのロングアタックを決めたポガチャルがついにマイヨ・ジョーヌを奪取!昨年の王に黄色が戻った。ある意味で本来あるべき場所に戻ったというべきか。

(‘A`)「ポガチャル強すぎやろ・・・こんなんどう相手すればええんや・・・」

今日のトップ10

順位選手名チーム名タイム差ボーナすタイム
1   DYLAN TEUNSBAHRAIN VICTORIOUSB : 18”
2   ION IZAGUIRRE INSAUSTIASTANA – PREMIER TECH+ 00h 00′ 44”B : 6”
3   MICHAEL WOODSISRAEL START-UP NATION+ 00h 00′ 47”B : 6”
4   TADEJ POGACARUAE TEAM EMIRATES+ 00h 00′ 49”B : 5”
5   WOUTER POELSBAHRAIN VICTORIOUS+ 00h 02′ 33”なし
6   SIMON YATESTEAM BIKEEXCHANGE+ 00h 02′ 43”なし
7   AURÉLIEN PARET PEINTREAG2R CITROEN TEAM+ 00h 03′ 03”なし
8   GUILLAUME MARTINCOFIDIS+ 00h 03′ 03”なし
9   MATTIA CATTANEODECEUNINCK – QUICK – STEP+ 00h 04′ 07”なし
10   JONAS VINGEGAARDJUMBO – VISMA+ 00h 04′ 09”なし

難易度は最高!明日の第9ステージのコース

ロードレースのツール・ド・フランス

明日の第9ステージは第1回目の休息日前。そして難易度が星5つの山岳ステージ。今日の第8ステージが星4つだったので1つ上のレベルで、最高難易度のステージとなる。

そして今大会初の超久山岳の登場。それがプレ峠。登坂距離12.6km、平均斜度7.7%の難所。ただそれが登場するのはレースの中盤。なので少し遅れてもリカバーは可能か。

このステージ最大のポイントはむしろ最後の1級山岳を終わってからかもしれない。画像をよく見て欲しい。山頂に到着してからもビミョーに平坦路が続いている。たとえ最後の山岳でリードを奪っても、この平坦路で追いつかれる可能性もある。その平坦区間を全力で逃げられるようなペース配分が必要となるかもしれない。山頂までの争いとそれに続く平坦区間の駆け引きが、寒い山を熱くさせるか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください