アソス(Assos)がNTTを救う?新しいタイトルスポンサーへ?

まだ正式発表はないが、 チーム存続がほぼ決定したと考えられるチームNTT。

いったいどこの会社がチームを助けることになったのかというと・・・どうやら同チームのウェアサプライヤーであるアソス(Assos)のもよう。

情報源:Assos help save Doug Ryder’s WorldTour team

現時点ではアソスがメインスポンサー(タイトルスポンサー)となるのかは不明である。

来年度のチーム予算が800万ユーロ(約10億円)とされるが、どうやらアソスが少なくともその一部を負担し、アソスは今後2年間チームを支えると同意しているもよう。

アソスがどの程度の予算を負担するのか、そして他のスポンサーがどこなのか、アソスとともに共同タイトルスポンサーという形になるのかなど詳細は不明だが、とにかくこれまでNTTへのウェアスポンサーという副次的な立場だったアソスが、メインスポンサーという立場に躍り出ようとしているのは確かなようである。

チームの副次的スポンサーだった企業がメインスポンサーとして上がるというのは、アスタナと同じと言える。

さて、アソスとともに新スポンサーとなる企業だが、アソスはスイス企業、そしてバイクもスイスのBMC(来年からBMCはAG2Rへ供給するが)・・・ならば新スポンサーもスイス企業と考えるのが自然か?

となると・・・かつてワールドツアーチーム「BMC」のスポンサーだったスイスの高級時計ブランドのタグホイヤー(TAG Heuer)の可能性も考えられる。なおタグホイヤーはルイ・ヴィトングループ(LVMH)に所属しているため、ピナレロと同じファミリーである。

ルイ・ヴィトン「やれ」

タグホイヤー「はい・・・」

こうなれば理想か。

また時計企業といえばオメガを所有するスウォッチ・グループもありだし、別にロレックスでもいい。

さらにロードバイクといえばカフェ・・・コーヒーとは切っても切れない関係である。ならば、コーヒーブランド「ネスレ」という可能性も?

他にもスイスには、ミリタリーアイテムでおなじみのビクトリノックス(Victorinox)や、保険のチューリッヒ保険(Zurich Insurance)という企業もある。さすがに、今の時代タバコ産業のフィリップモリス(Philip Morris) はないだろうか。

さて、スイス企業か、それとも全然違う国なのか・・・みんなの予想は?

https://bikenewsmag.com/2020/11/13/craft-active-extreme-cn-baselayer-is-discounted-by-61-percent/

2 thoughts on “アソス(Assos)がNTTを救う?新しいタイトルスポンサーへ?

  1. ルイ・ヴィトン「やれ」

    タグホイヤー「はい・・・」

    LV「ただしピナと競ったときは…わかってるな?」

    チーム「ハ、ハイ、もちろんですとも…」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください