ついにチームNTTが存続へ

スポンサーのNTTがたった1年で離脱し消滅予定のチームNTT。だがチーム名は変わるもののどうやら来年度もワールドツアーチームとして活動を続けられそうである。

情報源:Douglas Ryder’s WorldTour team likely to race on in 2021

これまでもこのブログではチームNTTの動向をいろいろ紹介してきたが、「【朗報】チームNTTに新スポンサー。近日中に発表へ」で書いたように、本当にNTTに代わるメインスポンサーが見つかったらしい。そして上の情報源記事によると予算は800万ユーロ(約10億円)とのこと。

情報源記事では、複数のソースからそのような情報を得ているとのこと。

この10億円という予算は他のワールドツアーチームと比べてかなり低い額であり、どうやら選手らはワールドツアーのプロ選手としての最低賃金の38000ユーロ(約471万円)で契約してくれと求められているようだ。

情報源メディアの取材に対してチーム側はコメント拒否しているが、所属選手の一人ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(Domenico Pozzovivo)は、「100%確実とは言えないが、今日か明日にでもチームの存続が決まると聞かされている」と述べている。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

なお、新スポンサーの企業についてはまだ一切情報が漏れていない。

2 thoughts on “ついにチームNTTが存続へ

  1. 最低賃金か~
    ベテランを数人にして、思いっ切り若いチームにしてしまえば
    財政的になんとかなるかも知れないが、育成する能力があるかどうか?

    1. 選手としては、「チームなくなるよりマシか・・」みたいな感じ?

      でもそういう選手らの足元見てそうでもあるブヒね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください