【速報】NTTがビャルヌ・リースのGM降板を発表

南アフリカのワールドツアーチームのNTT Pro Cyclingは、撤退するNTTに代わるスポンサーを募集中。そのディレクターであるDouglas Ryderは、以前「もう少ししたらスポンサーについて何らかの発表ができる」という趣旨のコメントを発表していたが、今のところそんな気配はない。

だが、そんな同チームが今日になって突然、Douglas RyderとGMであるビャルヌ・リース(Bjarne Riis)とが袂を分かつことを発表した。以下のTwitterより。

ロイター通信でも速報→Riis steps down as team manager of NTT Pro Cycling

これでビャルヌ・リースがチームのGMから去ることになる。一方でDouglas Ryderはディレクターとして残る。リース側としてはチームの権利を買い取ることをDouglas Ryderと交渉していたようだが、どうやらRyderとの間でその話は決裂。その結果リース側がGMをやめることになったもよう。

ひょっとしたらRyderはすでに新スポンサーを見つけていて、それがゆえにリースの提案を拒否したのかもしれない。

だが、仮にそうだとしても新スポンサーが見つかりチーム存続が見えていたのなら、別にGMであるリースにそれを説明するだけで良かったのではないか。

この仮定の場合でも、なぜリースがGMをやめることになったのか。そこがよくわからない。リース側とRyder側でチームの経営権につきどちらが主導権を握るのかの内部紛争があったのだろうか。どちらが強欲だったのかはわからないが、リース側の敗北ということかもしれない。

2 thoughts on “【速報】NTTがビャルヌ・リースのGM降板を発表

    1. ごたごたしてるチーム・組織はどんな業界でもダメブヒね。
      新体制になるのだろうけど、それで上手くいくとは限らないわけで、しかも来年もコロナが続くわけで結局存続しても茨の道ブヒね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください