シマノデュラーエースの重量データ

9100系/9200系の新旧デュラエースはどちらが軽いか?その重量比較

めだたく無事に9/1に新デュラエース(DURA-ACE)の9200系デュラエースが発表された。その全パーツの型番と重量データはそのときにすでに一覧表としてまとめておいた。以下の記事がそれだ。

9200系新型デュラエース全製品の型番・重量データまとめ・一覧

そこで今回は、

  • 9100系の油圧ディスクブレーキのデュラエース(11速)
  • 新型9200系油圧ディスクブレーキのデュラエース(12速)

という2つの主要パーツの重量を比較した表を書いておこうと思う。

あくまで主要パーツだけであって、全てのパーツでの比較ではないので参考程度にどうぞ。また新旧で11速と12速という違いもあるのでそれも忘れずに。なお重量データは全てシマノ公式のカタログデータであって、実測データではない。

パーツ9100系(2×11速)の型番と重量9200系(2×12速)の型番と重量
DURA-ACE DI2 油圧ディスクブレーキ デュアルコントロールレバーST-R9170-R:160g
ST-R9170-L:160g
ST-R9270-RとST-R9270-L:あわせて350 g
DURA-ACE DI2 フロントディレイラーFD-R9150:104gFD-R9250:96g
DURA-ACE DI2 リアディレイラー RD-R9150:197gRD-R9250:215g
DURA-ACE ホローテック II クランクセット
(パワーメーターついていないもので比較)
FC-R9100:
650g (55-42T)
642g (54-42T)
626g (53-39T)
624g (52-36T)
614g (50-34T)
FC-R9200:
714g (54-40T)
692g (52-36T)
685g (50-34T)
DURA-ACE カセットスプロケットCS-R9100:
175g (11-25T)
193g (11-28T)
211g (11-30T)
189g (12-25T)
205g (12-28T)
CS-R9200-12(HYPERGLIDE+):
223g (11-30T)
253g (11-34T)
DURA-ACE 油圧ディスクブレーキキャリパー前(BR-R9170-F):133g
後(BR-R9170-R):123g
BR-R9270:
120g (前)
110g (後)
センターロック ディスクブレーキローター 203/180/160/140 mmSM-RT900:
117g (160 mm)
99g (140 mm)
RT-MT900:
150g (203 mm)
132g (180 mm)
108g (160 mm)
88g (140 mm)
DURA-ACE C60 チューブラー ディスクブレーキホイール前(WH-R9170-C60-TU-F12):678g
後(WH-R9170-C60-TU-R12):829g
前(WH-R9270-C60-HR-TU-F):667g
後(WH-R9270-C60-HR-TU-R):770g

ホイールについては、新旧でリムハイトが同じなのがC60シリーズしかなかったこと、そして新旧ともにチューブラーモデルは共通していたので、C60のチューブラー仕様かつディスブレーキ用のホイールで比較した。

なお、ボトムブラケットは新旧ともに同じものなので省略した。

上表をみると、クランクセットについて見ると同じ歯数でも70gほど新型のほうが重くなっているのがわかる。またスプロケカセットもそもそも1枚ギアが増えること、そしてロー側が大きいものが用意されていることから重量増となる。このへん、ヒルクライムガチ勢は気になるかもしれない。

まぁヒルクライムガチ勢はとんでもない独自の軽量化をしてレースに挑むから、どうでもいいことかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください