移籍市場は年末もゴタゴタ。Van der Hoornが契約を途中キャンセルでWanty-Gobertへ

年末だというのに、移籍市場のニュースは続く。

今年までJumbo-Vismaで走っていた27歳のオランダ人Van der Hoornは、来年からBeat Cycling Clubと契約することになっていた。いわば、ワールドツアーチームからの都落ちとなるはずだったわけだが、ここへきて同チームとの契約を途中でキャンセルして、ベルギーのIntermarché-Wanty-Gobert Matériauxへ移籍することになった。

Intermarché-Wanty-Gobert Matériauxは、今年まではCircus-Wanty Gobertというチーム名で、ワールドツアーチームの1つ格下のカテゴリーであるProTeamだったが、みんな知ってる通りワールドツアーチームであったCCC Teamのライセンスを買収し、来年からワールドツアーチームへ昇格する。それに合わせて新スポンサーもつき、チーム名が変わる。

そんなチームと契約したことで、Van der Hoornは来年もワールドツアーチームで走ることになった。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください