カヴェンディッシュが新ジャージをお披露目

Deceuninck-QuickStepへカムバックしたマーク・カヴェンディッシュが、新ジャージをお披露目。

約3年前に「キスの病」に感染しずっと苦しんできたスプリンターのレジェンド、マーク・カヴェンディッシュ。それが完治したと思えば、去年はコロナによりレース予定・復活予定が大崩壊。今年はずっとまともにレースが出来ずじまい。ようやく秋になり数レース走れたのみだった。

そして所属してたバーレーン・マクラーレンとの契約消滅と、移籍先のチームが見つけにくかったこともあり、引退という道もかなり現実味を帯びていた。そんな中、本格的な冬が始まる前に古巣のDeceuninck-QuickStepへの復帰が決まった。

古巣復帰についての経緯は、「カヴェンディッシュ移籍の舞台裏。本人がスポンサーを連れてきた」という記事で紹介した。

カヴェンディッシュについては、もし「キスの病」に罹らなければ、エディ・メルクスがもつツール・ド・フランス34勝という記録に並ぶか、その記録更新という可能性も高かったであろう。しかし、今のカヴェンディッシュが全盛期に近い状態に戻れるかどうかはかなり難しいと思われる。まして、Deceuninck-QuickStepでのエーススプリンターはサム・ベネット。世代交代である。

そんな状況ではもうツールの記録更新はほぼ不可能であろう。ファンとしては期待はしたいが。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください