Enter your email address below and subscribe to our newsletter

バイクエクスチェンジが2022年まで存続決定

バイクエクスチェンジが2022年まで活動継続が確定

Share your love

旧ミッチェルトン・スコット(Mitchelton-Scott)こと、バイクエクスチェンジ(BikeExchange)だが、どうやら現オーナーとの間で2022年までの活動保証が確認されたもよう。

情報源:Backing for Team BikeExchange guaranteed through 2022

チームを運営するマネージャーのBrent CopelandとオーナーのGerry Ryanが話し合い、オーナーが2022年まで同チームを支えるとの同意があったもよう。

昨年はスペインの非営利団体マヌエラ・フンダシオンのスポンサー就任と突如のその白紙撤回、そしてマネージャーの解雇、チーム予算の不安などゴタゴタ続きだった。

そんな中でひとまずバイクエクスチェンジとして、チームバイクもビアンキへと変更になり、なんとか2021年度に間にあったという感じがする。

そんなチーム事情ゆえに、新しいスポンサー探しは今もまだ継続中。できれば数多くのスポンサーに新しく加わってもらいたいところ。そのほうがチーム運営に安定感が出る。

【関連記事】
【大混乱】Mitchelton-Scottのスポンサー変更は無理!?現オーナーが今もチーム所有権を保持と主張

【速報】Mitchelton-ScottがManuela Fundaciónとの契約を解消。現体制が継続へ。

ミッチェルトン・スコットのGMが交代へ。バーレーン・マクラーレンの前GMが就任!

ワールドツアーライセンスの値段とManuela Fundación(マヌエラ・フンダシオン)のミッチェルトン・スコット買収問題

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6515

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!