プロトンからコロナ陽性。チームSt-Michel-Auber 93がTour des Alpes-Maritimes et Var最終ステージ直前に撤退

少し気になるニュースが入った。

昨夜ジャンルーカ・ブランビッラ(トレック・セガフレード)の総合優勝で幕を閉じたばかりのツール・デ・ザルプ=マリティーム・エ・デュ・ヴァール(Tour des Alpes-Maritimes et Var)。

その最終ステージ直前に、フランスのコンチネンタルチームのSt-Michel-Auber 93からコロナ陽性が判明。彼らは最終スステージのスタート直前に同レースから撤退を余儀なくされた。同チームの公式ツイッターを見てほしい。

感染経路などはまだ不明である。

チームは次の日曜日にFaun-Ardèche Classicというレースに出場予定ではあるが、今回の陽性発覚を受け、数日後にまた追加検査を受けなければならない。その結果次第で、今回のエ・デュ・ヴァールに参加しなかった人員だけで次のレースを戦うことになるかもしれない。

さて最大の懸念事項は、コロナが他のチームの選手・スタッフらに広がらないかである。まだレースが終わったばかりで次の検査結果などは出ていないのでなんともいえない。だが少し今後の展開が心配ではある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください