【おもしろすぎ!】ティレーノ~アドリアティコ第5ステージの結果と感想

今年のティレーノ~アドリアティコは昨日の第4ステージが最難関ステージだった。下の昨日の記事でも書いた通り、その終盤は総合勢のアタックが連続し楽しい展開となった。

だがしかし、そんな最難関ステージよりも今日の「一見なんでもないような」ステージのほうがずっと面白い展開になった。特に今日の第5ステージのヒーローは二人。マチュー・ファン・デル・プールとタデイ・ポガチャルである。どちらも化け物っぷりを存分に見せつける展開となった。

第5ステージのコース:一見ちょっとアップダウンがあるだけ?

予想外の面白さとなった今日の第5ステージだが、コース全体のプロフィールは次の通り。

(‘A`)「ふーん、ちょっとアップダウンあるだけの普通のコースやな」

と思って詳細なデータを見ていなかった。舐めていた。実際はとんでもなく「クラシック」なコースだった。つまり、たしかにアップダウンがあるだけなのだが、そのアップがきつい!けっこうな坂が細かく連続するタイプのコース。まさに春のクラシックでよくあるタイプのコースだった。もちろんブタがそれに気づいたのはレースを視聴中のこと。

(‘A`)「これ下手したら昨日より今日のほうが難しいんじゃね・・・?」

ちなみに最後の5㎞はこんなコースプロフィールとなっている。

最大斜度12%の登りだらけ。なかなかパンチの効いたコース設定だ。

レース展開

2021ティレーノ~アドリアティコ第5ステージ

さてレースが本格的に動き出したのは、残り52㎞あたり。途中から逃げ集団に合流したマチュー・ファン・デル・プールが単独で加速。口に補給食を加えながら後続との一気に差を広げ、独走に持ち込む。いつものマチューである。マチュー的日常だ。

ここからマチューの長い1日が始まった。このままずっと逃げ続ける。

ちなみにマチュー以外にも今日のステージで優勝を狙えそうなクラシックハンターの一部や、そしてジュリアン・アラフィリップは今日は全然ダメだった。もうこの時点でどんどん落ちていった。

レースはちょっとだけ雨模様に。レインジャケットを着用する選手もいたが、メイン集団のワウト・ファン・アールト、エガン・ベルナル、そしてサイモン・イエーツらはみんな揃ってレインジャケットを着用するのに四苦八苦。ファン・アールトはジレだったが、ベルナルとイエーツは長袖ジャケットだったので、かなり苦労していた。

2021ティレーノ~アドリアティコ第5ステージ

サイモン・イエーツは脱ごうとしたときもなかなか上手くいかず、上画像のような状態。後輪にジャケットが巻き込まれてえらいことにならないがハラハラしながら見ていた。こんなことで怪我をしてもらいたくない。

もうちょっとこう着やすいジャケットが作れないものか。なんとかならない?

マチュー独走のまま残り17㎞。ついに若き王者が動いた!

2021ティレーノ~アドリアティコ第5ステージ

この動きにワウト・ファン・アールトが反応しきれず、ポガチャルのアタックを許してしまう!

加速できないファン・アールトを置き去りにして、ポガチャルは爆走開始。先行する集団も捉え、さらにその集団をも置き去りにして、遙か先、3分30秒以上も先行するマチューを追撃するかの爆走を披露!

普通に考えれば、マチューはポガチャルの敵ではない。ポガチャルは総合優勝を狙うが、マチューは総合優勝とは全く無関係の成績だ。ただ、最終日の個人TTを考えてファン・アールトとの差をできるだけ広げておきたいだけ。

だが、ファン・アールトとの差を広げるには結局ガチで走ることになる。そしてそれはステージ優勝を狙うような走りと同じになってしまうかもしれない。だがマチューとの差は3分30秒以上。マチューも短い坂ならこなせる。だいたいマチュー相手に山岳でもないのに3分30秒も縮められるわけがない・・・

(‘A`)「そう思っていた時期がありました」

2021ティレーノ~アドリアティコ第5ステージ

残り10㎞で2分27秒差。

2021ティレーノ~アドリアティコ第5ステージ

残り1.8㎞で26秒差 ←ファッ!?

2021ティレーノ~アドリアティコ第5ステージ

マチュー!後ろー後ろ―!!ポガチャル恐ぇぇぇぇぇぇぇッ!!

結末と総合順位

さてこの後の結末はこちらの動画でどうぞ。

ゴール後はさすがのマチューも今日は疲労困憊で放心状態。

結局、ファン・アールトは今日ポガチャルから39秒遅れてゴール。昨日と合わせて1分以上の差がついてしまった。

ポガチャルはTTも苦手とはしていない。しかも最終日のTTは距離がたった11㎞ちょいである。しかも平地。

さすがに1分の差はつかないであろう。何かのアクシデントが無い限り、ファン・アールトの総合優勝はかなり難しくなったと言わざるを得ないか。

いやーそれにしてもまさかこのステージでこんなドラマが展開されるとは。やっぱりロードレースはおもしろ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください