Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ピレリからたった35gの超軽量インナーチューブ「P ZERO SMARTUBE」が登場

Pirelliから超軽量インナーチューブP ZERO™ SMARTUBEが登場

Share your love

ピレリ(Pirelli)から、重量35gの超軽量ロードバイク用インナーチューブ、「SmarTUBE」が発表された。まずは同社インスタグラムをどうぞ。

ピレリ公式(海外):P ZERO™ SMARTUBE

このブログでも少し前にピレリの新チューブラータイヤ「P Zero Race Tub SL」を紹介したのを覚えているだろうか。

このP Zero Race Tub SLタイヤのチューブに使われている素材はTPU(ポリウレタン系熱可塑性エラストマー)である。そしてポリウレタンはあの超軽量チューブの嚆矢となったTubolito社のチューブにも使われている。

そう、同じように今回のピレリの新インナーチューブP ZERO™ SMARTUBEもTPU(ポリウレタン系熱可塑性エラストマー)製だ。

タイヤもいろいろ進化しているが、ついにチューブも本格的な進化に突入した感がある。ゴムからポリウレタン製へとどんどん各社が軸足を移していくかもしれない。そして資金と人材が投入されればさらに技術の進化が期待できる。

そのP ZERO™ SMARTUBEだが次の2種類の展開と各重量となっている。

  • 700×23/32cで60mm valveは35g
  • 700×28/35cで60mm valveは70g

ピレリ社は、標準的なブチルチュール(ゴム製チューブ)と比べて70%もの重量カットに成功したとアピール。さらに軽量化の結果として、チューブの物理的な大きさもよりコンパクトになったため、ジャージのポケットに入れやすくなり、チューブ以外のものをつめこむ余裕がポケットにできるとも主張している。人によっては、軽量化よりもサイズのコンパクト化のほうが嬉しいという人もいるかもしれない。

お値段は英国市場向けでは£27.99(約4300円)。たっか!

Amazon

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6669

4 Comments

  1. むふふ、実はワタシのチューブもTPUですぜ
    ブランドはレボループですけどね。1本2900円ほど!
    タイヤをグラベルキングのSSにして重くなった分チューブを軽量に、という目論見。実測38gで公称値マイナス1gでした。
    いや、これ実にいいです。音が静かだし、これまで(グラベルキング無印+R’AIR)より1bar低く設定できてるので乗り心地も良し、です。

    • すでにTPU Σ(゚Д゚)
      さすがやでぇ・・・

      TPUチューブはやはり普通のブチルと比べて薄く、そしてだいぶしなやかっぽいブヒね。それが乗り心地の良さやタイヤとの一体感?につながっているのかも。

      • 恐らくその推察どおりではないか、とワタシも思ってます。
        1つだけ少々不安な点がバルブですね。樹脂なので、空気入れでポンプヘッドをかませたとき少〜し反るんですね。問題が出るとすればコレじゃないかと睨んでます。
        価格はねぇ、せめて2000円切るくらいだと嬉しいんですが… ただ今のところパンクするイメージは全くわきませんね。

        • なるほどバルブの根本が・・・そこは盲点だったブヒ。
          あと意外と(?)パンクしにくそうなのは素晴らしい点ブヒね。さすが高いだけある??

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!