ツールに出られないアッカーマンが激怒。契約延長の条件を守らなかったチームに失望

今年のツールのメンバーを発表したBora-hansgrohe。もちろんピーター・サガンの出場は当然だが、そこには総合エースとしてウィルコ・ケルダーマン/ケルデルマンの名前があり、ピュアスプリンターのパスカル・アッカーマンの名前がなかった。

これについて選出から外されたパスカル・アッカーマンが激怒している。チームのマネージャーであるラルフ・デンクに騙されたという趣旨のコメントをしている。

情報源:Ackermann vents his anger after failing to make Tour de France team

アッカーマンが選手漏れを知らされたのは、いつもようにトレーニングの準備をしていたときだったようだ。自分がツールに出られないことを知らされた瞬間、失望のあまりトレーニングに向かうのをすぐにやめてしまったとのこと。

アッカーマンはBora-hansgroheとの契約を延長しているが、実はそのときにチームマネージャーであるラルフ・デンクから、「ツールで出場できるだろう」との言葉をもらっていたようだ。ちょっとした口約束みたいなものか?しかし今回の選出漏れである。アッカーマンは次のようにその怒りと失望を表現する。

“I’m more than disappointed, I have to say. Ralph was always a man who kept his word. But this time he definitely didn’t do it,”

訳「がっかりどころちゃうわ。ラルフは約束を守る男やけど、今回ばかりはそうじゃなかったわ」

Without this promise, I would not have signed the contract back then. You have to see that too. That’s why I am extremely disappointed.

訳「ツールに出られるという約束がなければ、チームと契約の延長なんてしなかったわ。せやからほんまめっちゃがっかりや」

4 thoughts on “ツールに出られないアッカーマンが激怒。契約延長の条件を守らなかったチームに失望

  1. これはチームの問題もそうだが、アッカーマン自身の問題もあるはず…
    いくら2,3位続きとはいえWTレースはともかくProシリーズレースでも全く勝てない選手を選ぶよりかはジロで勝ってるサガンの方がチームにとっては都合がいい…何とも難しいところ…

    1. プロは結果で判断されるだけに、チーム側の判断は別に間違ってはいないと思うブヒね。
      他の選手に対する影響や判断の公平性といった観点からも、結果を出せていない以上は選ばれないのも当然ブヒね。
      サガンもこれまでの輝かしい実績はもちろん、今年もきちんと勝っているわけで。

  2. デンクから言わせれば「こんなに勝たんと知ってたら契約延長なんかしてなかったわ」だろうな、アッカーマンの気持ちも分かるけど

    1. Pascal Ackermannはまだ今シーズン未勝利だから、デンクとしてもそう考えても当然ブヒね。
      「まだツールで勝てるレベルじゃない」という判断だろうブヒね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください