ファビオ・ヤコブセンの顔のビフォーアフター比較

昨年のツール・ド・ポローニュの大惨事で瀕死の重傷を負い、口内も含めて顔の下半分が「崩壊」したファビオ・ヤコブセンだが、今年のツアー・オブ・ターキーで奇跡的なレース復帰を遂げた。そんなヤコブセンが、歯がまったくない状態としっかりと歯が回復した今の状態とを比較した画像をインスタに投稿しているのでご紹介。

これがそのビヴォーアフターだ。顔そのものもすっかり綺麗になっているが、アフターの白い歯の並びが眩しい。

本人の精神力や彼を支え続けた周囲の人たちもすごいが、今の医療技術のすごさも実感できる画像となっている。謎の技術ヤバイ。ヤコブセン自身も「ワシ自身もびっくり」と述べている。

先日まではクリテリウム・ドーフィネに参戦していたヤコブセンだが、今後はまずは今週末のオランダ国内選手権に出場。その後はツール・ド・ワロニー、そして今年の最大の目標としてブエルタ・エスパーニャ。これからそのブエルタの準備として高地トレーニングに励む予定だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください