Enter your email address below and subscribe to our newsletter

送りつけ商法の解決・対応方法

【重要】7/6から「送りつけ商法」の商品はすぐ捨ててOKへ。返品を請求されても「返す必要はなし」へ

7/6から特定商取引法の改正で、送りつけ商法の商品はすぐに捨ててOKに。

Share your love

ロードバイクに直接関係はないが、ロードバイクといえばWiggleなどの海外通販を含めて、通販サイトの利用が一般的。そんな風にネットビジネス時代をバイク乗りも謳歌しているところだが、ネットを悪用している悪徳業者も多い。

そんな悪いビジネスの1つが、いわゆる「送りつけ商法」と呼ばれるものだ。今回特定商取引法が改正され、7/6から受け取った側が有利になる。

送りつけ商法とは?

「送り付け商法」とは、注文なんてしていないのに、一方的に商品を勝手に送り付けたうえに、返品の手続きなどをしない場合は買ったものとみなして一方的に代金を請求するビジネスだ。

こういう勝手に送りつける商法をネガティブオプションと呼ぶらしい。

これまでは、勝手に送りつけられても法律上は14日間は保管しなければならなかった。しかし、特定商取引法が改正され、次のような対応が可能となる。

消費者庁の案内

まずは消費者庁からの発表を見て欲しい。

7/6からどうすればいいのか?

まず、7/6から送りつけられた商品を受領した瞬間にすぐにゴミとして捨てて良いようになる。

次にその後に業者からお金を要求されても、支払う義務も必要もない。完全に無視でOK。

ただ、改正後も実際にそういう目にあって不安ならば、消費者庁に相談しよう。仮にもし業者にお金を払ってしまった場合も消費者庁にまずは相談してみると良い。

まとめ

・送りつけられた商品はすぐに捨ててOK
・金銭の支払い要求は完全に無視でOK
・もし不安ならば消費者庁に相談すればOK

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6411

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!