Loading...
レース感想・レビュー・インプレ

2018ジロ第9ステージの感想:フルームのコメントと山頂ゴールの激闘。増田、増田、増田。

ロードバイクとロードレース。ジロ・デ・イタリア第9ステージ

 

ロードバイクとロードレース。ジロ・デ・イタリア第9ステージ
DAZN映像より

 

今日のジロ第9ステージは、アルプスの1級山岳頂上ゴール。かつてイタリアの英雄マルコ・パンターニが制した山が舞台。 レイアウト的には、序盤から終盤までは特別難しい山はなし。だけど、最後の最後で一気に斜度があがるパターン。それまでは山道も5%前後が長~く続く感じ。それにしてもとても雄大な高原の風景。すばら!

 




 

 

ロードバイクとロードレース。ジロ・デ・イタリア第9ステージ
DAZN映像より

 

その高原を抜けて、いよいよ最後の山に入ってからアスタナのルイス・レオン・サンチェス(LLS)が集団の速度UPか。LLSは今日も元気です。そういえば、去年のジロでもアスタナ勢の中ではかなり目立って果敢に逃げて爆走してたのも思い出す。息の長い選手の一人。昔よりちょっと太った?

 

ロードバイクとロードレース。ジロ・デ・イタリア第9ステージ
DAZN映像より

 

ここでフルームが遅れる!これまでの落車の影響か?体調が悪い?単に、今後を見据えての無理をしない省エネ走行?

 

ロードバイクとロードレース。ジロ・デ・イタリア第9ステージ
DAZN映像より

 

ゴール前に数キロからは雪の壁が連なる!そのあたりから一気に斜度がアップ。そこで、攻撃をしかけたのが、画像中の数名。その中でもさらに先行していくのが、小さな巨人ポッツォヴィーヴォ(バーレーンメリダ)、マリアローザのイエーツ、山岳賞ジャージのチャベス、新人賞ジャージのカラパス(モビ☆スタ)。そしてピノー(FDJ)の5人。

 

イエーツとチャベスはミッチェルトンスコット。とにかくこの二人、特にイエーツが調子よすぎる。

 

イエーツは、現状山岳で最強と言ってもええやろ。今回のこの山の終盤でも、フルーム、デュムラン、デニスたちが苦しみながら登るなか、一人だけなんか別次元な体の軽快さで登ってたようみ見えた。この二人は、第6ステージの再現なるか?

 

ゴールまでは登りで直線基調、ポッツォヴィーヴォがアタック!ポッツォヴィーヴォも今年はめっちゃ調子いい!

 

ロードバイクとロードレース。ジロ・デ・イタリア第9ステージ
DAZN映像より

 

は?

 

ちょっと何してくれてんの!なんで映像切れるん!ゴール前スプリントの場面やで!

 

結局、このまま映像が回復することなく、次に映像が映ったときにはもう後続勢がゴールしてた……

 

(´・ω・`)そんなー

 

これがイタリア&ラテン人クオリティ。だがそれがいい。

 

ええわけないやろ!

 

ロードバイクとロードレース。ジロ・デ・イタリア第9ステージ
From Giro d’Italia Twitter

 

本来ならこういう映像やったんよ。ポッツォヴィーヴォのアタックのあとに、最後の最後にイエーツが万全のスプリント。それにくらいつくピノー。そしてワンツーフィニッシュを狙うチャベス、という構図やね。

 

いやーマジでイエーツ強いわ。強すぎるわ。チャベスの存在がもちろん大きいわけやけど、他のアシストもきちんと仕事してるし、作戦もうまくハマってる。第6ステージのようなワンツーフィニッシュの再現とはいかへんかったけど、それでもワンスリーフィニッシュ。

 

逆にワンツーフィニッシュを阻止したピノーの奮闘には拍手やで。

 

さて、デュムランはこれら数名の先頭集団から遅れたけど、まぁまぁ今後の挽回が十分可能なタイム差でまとめた。イエーツとのTT能力の差を考えれば、2分以内ならまぁ余裕。逆にイエーツとしては、最低3分以上は余裕をみておきたいところ。

 

問題はフルームよ。今日だけで1分以上タイムを失った

 




 

フルームはこう言う。

 

“I’ve definitely had a rough start to this Giro. So today, I was just trying to hang on as best I could, obviously make it to the rest day tomorrow and then reevaluate the position from there.”(From Velonews: “Froome’s grand tour reign under fire”)

 

訳「確かに今年のジロは厳しい第1週目となったもうた。今日はただもう必要以上に遅れないようにするだけで精一杯やったわ。御覧のとおり、なんとか明日の休息日を迎えようと必死やったわけ。現状についてはまた明日から考えるわ。」

 

“It’s obviously not the ideal situation to be in, having lost a big chunk of time today. I just have to look ahead now, keep fighting, keep doing the best we can and just take it one day at a time.”(From Velonews: “Froome’s grand tour reign under fire”)

 

訳「明らかに現状は、理想的状況とはいえへん。ぎょうさんタイムを失ってもうたわ、今日は。でもただ前を向いていくだけや、戦い続けるだけや。できることをやり、1日1日を乗り越えていくだけや」

 

あと、アル何してんの。なんでフルームより遅れとるんよ。フルームが遅れたこのステージこそ、フルームからタイム差を稼ぐべきところやろ。

(今日のおまけ:そろそろ夏日とかやってくるからね、熱中症予防が大事。ワシのお気に入りは、これ、森永製菓 ウイダーinタブレット塩分プラス 80g×6袋。他メーカーより塩の量は少ないけど、ビタミンとか入ってるし、塩味が控えめだからこそ美味しい。仕事中にもボリボリ。風呂入る前にもボリボリ。あーおいし。隣で頑張る同僚にもお1ついかが?森永製菓 ウイダーinタブレット塩分プラス 80g×6袋

 


(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK