Enter your email address below and subscribe to our newsletter

2024ツール・ド・フランス第5ステージのマーク・カヴェンディッシュ

カヴェンディッシュが歴史的記録更新!2024 ツール・ド・フランス第5ステージの結果とハイライト動画

カヴェンディッシュが歴史的記録更新!!2024 ツール・ド・フランス第5ステージの結果とハイライト動画

Share your love

うおおおおおおおおおおおお!カヴェンディッシュきたあああああああああああ!

第5ステージのコース

こちらの記事でどうぞ。

感想・ハイライト

ポガチャル危ない!

中間スプリント

歴史を作ったスプリント!

ツール・ド・フランスの最多ステージ優勝記録で単独1位となる「プロジェクト35」完了!

🐷「39歳やで?」

とにかく凄い。何が凄いってカヴェンディッシュの勝負センスが凄い。

単純にパワーとスピードの維持だけならヤスペル・フィリプセンなど若い選手のほうが強いはず。だがカヴェンディッシュの凄さの本質はそのセンスだと思われる。

カヴェンディッシュは今回もゴール前のカオスを自由自在に泳ぎ勝てるポジションを見つけ出した。そして一気に逆サイドへ飛び出して加速。その動きはまるで全盛期の頃の無賃乗車ような動きで、実にカヴらしい動きに思えた。

フィリップセンもカヴにつられて斜めに飛び出したが、横に移動した分だけ走行距離は長くなるわけで加速するタイミングもズレてしまったようにも感じられる。

あとマチュー・ファン・デル・プールのフィリプセンのための牽引が思ったよりも上手くいかなかったように思われた。本来のマチューならあそこからさらに加速して引き上げる動きができそうにも思えたのだが・・・脚の調子が悪かった?変速かなにかにトラブルでもあった?それともあの場面ではあれがベストだったのだろうか。

私、いいましたよね?

🐷は上の第5ステージのプレビュー記事で次のように優勝予想(願望)を書いた。

今日の注目はマチュー・ファン・デル・プールだ。なぜなら第3ステージで仕事ができなかった不満があること、昨夜の山岳ステージで逃げに乗りコンディションを整えて今日への準備を完了したとも思えることがその理由だ。

そのプロトン最強の発射台から射出されるヤスペル・フィリプセンがもちろん優勝候補筆頭だ。

だがしかしそれでは優勝予想として面白くもなんともないので第3ステージとおなじカオスオブカオスな大集団スプリントとなる中から、ベテランの勝負勘で隙をついてしかけるあの男が優勝すると予想(もはや願望)。つまり、マーク・カヴェンディッシュ!

今夜の2024ツール第5ステージのプレビューと優勝予想

🐷「どやああああ!とったどおおおおお!」

レース全体のハイライト動画

結果

ステージトップ10

1Mark Cavendish Astana Qazaqstan Team1位との差
2Jasper Philipsen Alpecin – Deceuninck,,
3Alexander Kristoff Uno-X Mobility,,
4Arnaud de Lie Lotto Dstny,,
5Fabio Jakobsen Team dsm-firmenich PostNL,,
6Pascal Ackermann Israel – Premier Tech,,
7Arnaud Démare Arkéa – B&B Hotels,,
8Gerben Thijssen Intermarché – Wanty,,
9Biniam Girmay Intermarché – Wanty,,
10Marijn van den Berg EF Education – EasyPost,,

総合トップ10

1Tadej Pogačar UAE Team Emirates1位との差
2Remco Evenepoel Soudal Quick-Step0:45
3Jonas Vingegaard Team Visma | Lease a Bike0:50
4Juan Ayuso UAE Team Emirates1:10
5Primož Roglič Red Bull – BORA – hansgrohe1:14
6Carlos Rodríguez INEOS Grenadiers1:16
7Mikel Landa Soudal Quick-Step1:32
8João Almeida UAE Team Emirates,,
9Giulio Ciccone Lidl – Trek3:20
10Egan Bernal INEOS Grenadiers3:21

各賞1位

総合1位Tadej Pogačar(UAE-TeamEmirates)
ポイント賞1位Biniam Girmay Hail(Intermarché-Wanty)
山岳賞1位Jonas Abrahamsen(Uno-X Mobility)
新人賞1位Remco Evenepoel(SoudalーQuickStep)
Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6698

4 Comments

  1. 世界はこれを待っていた!
    もう少し先のステージになるかと思っていましたが、管理人さんの願望が当たりました(笑)
    カヴェンディッシュはこれで目標は達してリラックスできると思うので、さらに勝利と完走を目指すだけですね。

    • YATTA!YATTA!

      これでチームとしても1つの絶対的目標を達成できたわけで、これからチームの作戦の自由度が増えそうブヒね。
      でもまだまだカヴェンディッシュでの勝利を狙う!?

  2. フィニッシュ手前で拳突き上げてました(ワタシが^ ^)
    空撮映像で、カヴェンディッシュのスピードが鈍らずにそのまま伸びていたのと、まるでお膳立てされたかのように前が開けたので、そこで勝利を確信しました(ワタシが^ ^)
    カヴェンディッシュの眼には、光の道筋が見えたんじゃないでしょうか。
    長年破られなかったメルクス御大の記録、それを超えた瞬間を見られた私たちは幸せですね。

    御大は「自分は総合争いながらの勝利数だから(自分が上だ)」とおっしゃってたわけですが、カヴェンディッシュの場合は限られたスプリントステージでの勝利の積み上げですから、これも偉業としか言い様がないですね。
    どっちが上というわけではなく、これで御大の伝説が色褪せるわけでもない。

    素晴らしい勝利でしたし、このためにチームビルドしてきたわけだから、チーム事情としても本当に報われて良かった!
    「もう1年」と口説いてくれた大佐にも感謝感謝!

    • ほんと今回の勝ち方は栄光のロードが見事に開けたという感じだったブヒね。
      アスタナにスター選手がいなかったという事情はあったといえ、よくアスタナもカヴェンディッシュを拾った!
      あとはシャンゼリゼ・・・は今年はないけど、最後まで完走してくれ!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!