モンヴァントゥ

第11ステージでリタイアとなった選手ら。

第11ステージでリタイアとなった選手をまとめておく。以下の7名だ。

  1. Tony Martin (Jumbo-Visma)
  2. Clément Russo (Arkea-Samsic)
  3. Tiesj Benoot (Team DSM)
  4. Tosh Van Der Sande (Lotto-Soudal)
  5. Daniel McLay (Arkea-Samsic)
  6. Miles Scotson (Groupama-FDJ)
  7. Victor Campenaerts (Qhubeka-NextHash)
  8. Luke Rowe (INEOS Grenadiers)

このうち1~7はDNF。8のルーク・ロウ(Luke Rowe)はタイムアウト失格だ。

トニー・マルティン(Tony Martin)はレース序盤で落車。骨折はなかったようだが、顔の負傷や鎖骨の付近の裂傷などがあったもよう。

これでツール・ド・フランスは残り156名となった。

なお第11ステージでは、ナセル・ブアニら10名がモン・ヴァントゥの途中で「スティッキーボトル」(ボトルを受け取るふりしてチームカーに捕まり続けること)をしたとして200スイスフラン(約24000円)の罰金を課されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください