【東京五輪】ジャック・ヘイグがオーストラリア代表から外れる。鎖骨骨折からの回復が遅れる

ジャック・ヘイグが東京五輪オーストラリア代表から外れることになった。次の彼のインスタでの発表を見て欲しい。

理由は、ツール・ド・フランス第1週目での落車だ。彼は連続落車で大波乱・混乱となった第3ステージの終盤で落車。鎖骨を骨折してしまいリタイア。その後手術を受けていたが、どうやら骨折の程度が当初の予想よりもひどかったようで回復が長引くことになった。それで東京オリンピックには間に合わなくなったのだ。

オーストラリア代表については、すでに過日ブタのツイッターでつぶやいたようにキャメロン・マイヤーも少し前に出場を辞退し、代わりにルーカス・ハミルトンが選出された。

もともとのオーストラリア代表については、記事「オーストラリアが五輪出場選手を発表」で書いたが、以下のようになっていた。

選手名 出場競技 年齢 過去の五輪出場記録
リッチー・ポート(Richie Porte) ロードレース 36 2位 (2016)
ジャック・ヘイグ(Jack Haig) ロードレース 27 初出場
ロハン・デニス(​Rohan Dennis) タイムトライアル 30 3位 (2012, 2016)
キャメロン・マイヤー(Cameron Meyer) ロードレース 33 2位 (2008)

このうち上述のようにキャメロン・マイヤーがルーカス・ハミルトンになる予定だが、まだ正式な発表はなされていないもよう。実際にハミルトンが五輪で走れる状態かどうかは不明のままだ。

また、今回のヘイグの辞退に伴い誰が選ばられるのかもまだ未定。五輪が近づいているだけに早期に発表されるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください