手術

ピーター・サガンが膝の手術へ

今年のツール・ド・フランスの序盤、第3ステージでカレブ・ユアンに巻き込まれる形で落車し膝を痛めたピーター・サガン。

そのときの動画をもう一度どうぞ。

その後は回復しつつあったものの、先日の第11ステージでゴール前スプリントを争ったときにハンドルバーに負傷した膝をぶつけてしまい悪化させてしまい、それを理由に第12ステージを前にリタイアとなった。以下の過去記事を再び見ておいてほしい。

そんなサガンだが、どうやら思っていた以上に膝が悪かったようだ。手術をすることになってしまった。チームのツイッターでの発表を見て欲しい。

情報によると、サガンはその第3ステージの落車の際にフロントギア(チェーンリング)が膝にあたり、膝蓋骨の肌にかなり深い傷を負ったようだ。レース後すぐに傷口からの感染予防のために適切な処置が施されたが、やはりギアはオイルなどで汚れていたせいもあり、傷口が感染症を起こしてしまい、膝の滑液包に炎症が発生。それが大きくなっていったようだ。

今回は骨折ではないので、外科手術では骨そのものをいじったりすることはおそらくなく、そうした悪い腫瘍などを取り除く手術となる。そのため、手術終了の数日後には軽いトレーニングを再開できるようだ。選手生命を直接脅かすような負傷や手術とはならなさそう。この点はファンも安心といったところか。

4 thoughts on “ピーター・サガンが膝の手術へ

  1. もうさっさとプロテクター着用のルールを設けた方がいいのでは?
    選手も最初は嫌がるだろうけど、どうせすぐ慣れるでしょうし、プロがやればホビーライダーも着けるようになるでしょう。
    チームオリジナルデザインのプロテクターなんかも作れますね。
    怪我も防げるし、ビジネスチャンスだし一石二鳥!

    1. たとえば夏用に、薄いメッシュ状のニーカバーとかでもそれがあるとナシとでは多少は違うと思うブヒね。
      そういった安全装備ぐらいはUCIも認めるべきかと。実際使うかどうかは選手の決定権に委ねるとして。

    1. たしかに鎖骨などの単純な骨折ほうがみんな慣れてる分、出口がわかりやすいというのはあるブヒね。
      あとはなんの後遺症もなければいいブヒね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください