イネオスのデプルスがウィルス性の感染病。復帰未定

昨年までJumbo-Vismaで走り、今年からイネオスに移籍していたローレンス・デ・プルス(Laurens de Plus)だが、4月のTour of the Basque Country(バスク一周)に出場するも途中でリタイアして以来ずっとレースに出場していなかった。

肉体的な問題があったという理由だったが、それが何なのか詳細な説明はなかった。

しかしさきほどチームから彼についてアナウンスがあった。次のツイッターを見てほしい。

はっきりした病名はかかれていないが、ウイルス性の感染病のようだ。

おそらくずっと検査を受けていたのだろうが、なかなかなんの病気が判明しなかったのだろう。それが最近になってわかったのだと思われる。ただそれでも病名は不明。なぜ病名を言わないのかはわからないが、ひょっとしたらプライバシーという観点から伏せているのかもしれない。

なお復帰は未定だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください