ディスクブレーキ

イネオスがディスクブレーキバイクへの乗り換えを発表。ついにリムブレーキの歴史に終止符か

ついにリムブレーキの歴史に終止符が打たれるのか?

これまでワールドツアーという世界最高峰のプロレース界で頑なにリムブレーキを使い続けていたあのイネオス(INEOS Grenadiers)が、ついにディスクブレーキのPinarello Dogma F Discs(ピナレロ ドグマFディスク)をレースで使い始めることを宣言した。チームツイッターを見て欲しい。

まずGrand Prix de Denainでこのディスブレーキ版のPinarello Dogma F Discsを使い始め、パリ~ルーベでも使うことになる。

今回の発表でも、厳密にいえばまだイネオスが「リムブレーキはもう二度と使わない」と宣言したわけではない。

ただ公式サイトでは、

“Working closely with Pinarello and Shimano, we will continue to develop the all-round disc package, optimising weight, the integration across Dura-Ace, and improvements in the quick release system.”

訳「ピナレロ社とシマノ社の両方と緊密に協力しながら、オールラウンダーとなるディスクブレーキバイクを開発し続ける。より軽量かつ、デュラエースとの統合をさらに向上させ、ホイール交換がより楽になるクイックリリースシステムの改良を目指す」

このように書かれているので、イネオス、ピナレロ、シマノの三者ともにクラシックだけでなく、グランツールでもディスクブレーキバイクを中心に据えるつもりなのだろうと思う。

このイネオスの声明により、プロロードレース界でのリムブレーキの歴史はついに終わることになるのか?

もちろんシマノのTiagraやSoraではリムブレーキは残ると思われるが、少なくともアルテグラとデュラエースについてはもうリムブレーキの製造はなくなるだろうと思っておいたほうが無難だろう。

リムブレーキにこだわりのあるファンは、今のうちに使う用、保存用、観賞用、資料用と手元に集めておくほうがいいかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください