イネオスが19歳のアメリカ人マグナス・シェフィールドを獲得

INEOS Grenadiersが、アメリカの19歳マグナス・シェフィールド(Magnus Sheffield)との契約を発表した。

みんなは2019年の世界選手権を覚えているだろうか。そのときのジュニアロードレースで優勝したのがトレック・セガフレードで走るアメリカ人のクイン・シモンズ(Quinn Simmons)だ。

そして3位に入ったのが同じくアメリカ人のマグナス・シェフィールドだ。そのときのハイライト動画を見て欲しい。

シェフィールドは今年はアメリカのProTeamであるラリーサイクリング(Rally Cycling)と契約していたのだが、夏ごろに契約を途中で解除しフリーとなっていた。おそらく、そのときにはすでにINEOS Grenadiersとの契約が決まっていたのだろう。

もともとシェフィールドはトラック競技パシュートとロードレースを兼業してたような選手。本人はチームSkyの活躍を見て育ったと話している。ブラッドリー・ウィギンスのツール優勝を覚えているようだ。

INEOS Grenadiersは、先日英国人の若者ベン・トゥレット(Ben Tulett)とも契約を発表し、さらにはオーストラリアの天才ルーク・プラップも獲得している。トム・ピドコックやイーサン・ヘイターを始め、新世代の若者を続けて獲得して、大きく若返りを図りつつあるように思われる。

2019世界選手権エリート男子ロードレースのハイライトはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください