財政難でイタリアのVini Zabùが消滅危機

イタリアのProTeamであるVini Zabùが財政難でチーム消滅の危機に瀕しているようだ。イタリア紙のガゼッタ(La Gazzetta dello Sport)がそのように報道している。

情報源:Vini Zabù, futuro a rischio: l’Italia può perdere un team professional

ガゼッタ紙が詳細な情報を掲載しているわけではないが、チームのメインスポンサーであるVini Zabù社がもうすぐベルギーのワールドツアーチームのアンテルマルシェ(Intermarché-Wanty-Gobert Matériaux)とスポンサー契約をするのではないかという噂があるらしい。

もしそうなれば現在のチームVini Zabùは見捨てられることになり、チーム存続には新たなメインスポンサーを見つける必要が出てくる。コロナ禍のこのご時勢にメインスポンサー探しは相当の困難を伴うことは想像に難くない。特にイタリア経済の規模・実力を考えるとなおさらだ。

同チームで最も有名な選手はスプリンターで、元チームCCCのヤコブ・マレツコ(Jakub Mareczko)だろうか。チーム解散となれば、マレツコはどこにいくのだろう。ひょっとしたらアンテルマルシェに移籍か?

今年のVini Zabùはなんといっても、所属選手のマテオ・デ・ボニス(Matteo De Bonis)のドーピング発覚の余波で、ジロ・デ・イタリアを撤退することになったニュースが記憶に残っている。

もともとは昨年のコロナ禍で10月開催となったジロ・デ・イタリアでのドーピング検査で、マッテオ・スプレアフィコのエノボサルム(オスタリン)使用が疑われ、その情報がUCIに提出されていたが、今年の3月にはマッテオ・デボニス(イタリア)がレース外のドーピング検査により、尿サンプルと血液サンプルの両方でEPO(エリスロポエチン)を使った疑惑が浮上。

その後のUCI懲戒委員会により、チームに対して30日間のレース出場停止処分。この事件が今年のジロ・デ・イタリアからの撤退をチームに余儀なくさせた。

この件がVini Zabù社のスポンサー離脱を決断させた可能性はあるだろうし、また代替スポンサー確保のハードルをさらに上げるものになっているかもしれない。

2 thoughts on “財政難でイタリアのVini Zabùが消滅危機

  1. 報道通りならば、今年はプロチームだけでDELKOとVini Zabùの2チームが解散ということになりますね。どちらもやらかしたチームなので、あまり同情もありませんが。
    クベカもまだどうなるか分かりませんから、何にせよ色々と厳しいですなぁといった感じです。

    そしてEOLOは来年もジロには出場できそうですね。

    1. EOLOは立ち上げこそなかなか苦労したみたいブヒが、今年は安定した運営だったと言えるブヒね。
      選手もしっかりと走れていたし、ジロでも初参戦でロレンツォ・フォルトゥナートがステージ優勝という快挙。
      ひょっとしたら来年に向けてスポンサーも増えているかも?

      来年が楽しみブヒね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください