Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレースとロードバイク

Jumbo-Vismaがティシュ・ベノート獲得を発表

ティシュ・ベノートのJumbo-Visma移籍が正式に発表

Share your love

昨夜のうちに紹介したニュースだが、チームDSMとティシュ・ベノートが契約を途中解除したことが発表された。

そしてその記事で、移籍先はJumbo-Vismaだろうとも紹介したが、そのニュースのすぐ後にJumbo-Vismaからも正式にティシュ・ベノート獲得のアナウンスがあった。チームのツイッターをどうぞ。

チームDSMとの満了まで1年を残して契約解除となったが、Jumbo-Vismaとは2年契約を結んだ。

ティシュ・ベノートは、今年のパリ~ルーベを思わせるような泥レースだった2018年のストラーデ・ビアンケを制し、一躍その名を世界に轟かせ、当時所属していたいLotto Soudal期待の若手だった。実際のその優勝後からクラシックのエースを任せられていた。

その2018ストラーデ・ビアンケのハイライト動画をどうぞ。

そしてチームDSM(当時はチームサンウェブ)に移籍したわけだが、その移籍後はクラシックで思うような結果が出なかった。しかし、2020年のパリ~ニースでは総合2位でフィニッシュしている。

今回のJumbo-Vismaへの移籍で、おそらくベノートもプリモシュ・ログリッチのアシスト要員となるのではないか。またクラシックではワウト・ファン・アールトのアシストに回ることも考えられる。あるいはダブルエース体制でいくか。

そして1週間程度の短いステージレースならばエースとして走ることになる。これはJumbo-Vismaの監督がそのように述べている。ただ、ワウト・ファン・アールトも同じくその種のステージレースではエースとして優勝できる選手なので、両者がどのようにレースを分担するのか注目したい。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6266

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!