Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ウクライナ

ウクライナ代表チームの救出にイスラエル・サイクリング・アカデミーとイタリア自転車連盟が成功

ウクライナに帰国できなくなっていた同国代表チームを、イスラエル・サイクリング・アカデミーとイタリア自転車連盟が手助け。イタリアで避難生活を送りながら、レース出場が可能に。

Share your love

ロシアがウクライナに侵攻したことが原因で、ウクライナ代表自転車チームは困難な問題に見舞われていたが、イタリア自転車連盟とイスラエル・サイクリング・アカデミーによる援助によって、それがとりあえず解消されたようだ。

情報源:Stranded Ukraine national team find shelter in Italy

自転車のウクライナ代表チームは、ロシアが侵攻した当時はトルコでトレーニングキャンプをはっていたのだが、ウクライナが戦火に包まれたことで母国に帰還することができなくなり、帰る先をなくし宙ぶらりんの状態になっていた。

そんな苦境の代表チームを救ったのがイスラエル・サイクリング・アカデミーとイタリア自転車連盟。

上のツイートによると、代表チームの20人、そして技術スタッフなど4人が無事にイタリアのローマに到着し、イタリアにその避難場所を確保できるようだ。

今回のプロジェクトでも存在感を示したのがイスラエル・サイクリング・アカデミー。昨年のアフガニスタンの軍事クーデーターのときにも、同国に残された女性アスリートら160人以上を救うべく、決死の救出劇・国外脱出劇を実現させた。

そして今回のプロジェクトでも、まずイスラエル・サイクリング・アカデミーによってウクライナ選手団をイタリアへ送り届けられた。そしてイタリア自転車連盟がイタリアの避難生活を請けう。

チームイスラエルのオーナーで富豪のシルヴァン・アダムスが世界中に有する人脈、本人の外交力と交渉能力、そして決断力がこうした非常時のプロジェクトを支えているのだろう。

ひょっとしたら彼は、世界最強の諜報機関ともいわれるイスラエルの諜報機関モサドやイスラエル政府の外交筋とも情報を交換しているのかもしれない。

なおウクライナ代表チームはイタリアで避難生活をおくることになるが、イタリアでトレーニングも再開し、そして今後はレース活動も行えるようだ。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6534

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!