Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ジロ・デ・イタリア

ビアンキを使うイタリアのProTeamが誕生か。元イタリア代表監督のダヴィデ・カッサーニが創設へ

イタリアにビアンキを使う新しいProTeamが誕生か。元イタリア代表チームの監督、ダヴィデ・ヴィレッラ(Davide Villella)が設立へ

Share your love

元イタリア代表チーム総監督のダヴィデ・カッサーニ(Davide Cassani)が、ビアンキをバイクサプライヤーとして新たなProTeamを作っているらしい。

情報源:Davide Cassani close to setting up new Bianchi-backed Italian ProTeam for 2023

以前からカッサーニが新チームを作るという噂があったようだが、今回メディアに対して本人の言葉で「新チーム立ち上げで忙しい」と述べたことで確定となった。また数週間以内になんらかの正式なアナウンスがなされると予想されている。

気になるメインスポンサーだが、イタリア王家も愛したナポリのコーヒーブランド、ボルボーネ(Caffè Borbone)の名が取り沙汰されている。

イタリアのエスプレッソコーヒーメーカーとしてアロマティカ(AROMATIKA)という会社があるが、それが展開するコーヒーブランドがボルボーネ(Borbone) 。

ボルボーネという名は、18世紀にナポリにコーヒー文化を根付かせたボルボーネ王家の名前らしく、その名に恥じないレベルのコーヒーを提供することを理念としている。

ただ、カッサーニは現時点ではメインスポンサーがどこになるかなどについてはコメントを拒否。「知らない」「わからない」とする。

またこれまでの噂では、チームバイクはビアンキとピナレロのどちらかという感じだったようだが、今回の情報源記事メディアのVelonewsは、ビアンキだろうとしている。

また上述のようにProTeamとしての出発となるならば、ワールドツアーで活躍中の若いトップレーサーたちが所属することは可能性としては少ないだろう。

一方で契約する選手としては、ディエゴ・ウリシ(Diego Ulisi)、アレッサンドロ・フェデーリ(Alessandro Fedeli)、マッテオ・トレンティン(Matteo Trentin)らの名前があがっているようだ。

ただ、情報源メディアはトレンティンについてはチームUAEとの契約延長の可能性が高いとしている。

現在、伝統的な自転車強国の一角であるイタリアにはワールドツアーのチームが存在しない。おそらくカッサーニもそれを憂いているはず。それゆえこの新チームを数年後にワールドツアーに昇格させるつもりなのではないか。

さらに、先日正式に発表されたイタリアの英雄ヴィンツェンツォ・ニバリ(Vincenzo Nibali)の引退。

(‘A`)あっ・・・

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6667

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!