Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードバイクとロードレース

ファン・アールトの驚異的な数字

ワウト・ファン・アールトの驚異的なデータ。今年はこれまで何度表彰台にのぼっているのか?

Share your love

昨夜の2022クリテリウム・デュ・ドーフィネ第5ステージでも優勝したワウト・ファン・アールト(Wout van Aert)。そんな彼について、あるデータを投稿している人がいた。

情報源:Wout van Aert continues his amazing statistical run in 2022 with 14 podiums in 19 races

そのツイートを見てほしい。

これは今年ファン・アールトが出場したレース(ステージレースならその各ステージ単位)で、彼が表彰台にのぼった割合をつぶやいたものだ。

今年、ファン・アールトはワールドツアーだけに出場し、その数は昨日のドーフィネ第5ステージを含めて19。そのうち表彰台にあがった、つまりトップ3位内でのフィニッシュが15回。つまり表彰台率(ポディウム率)は15/19=約78.9%。

大雑把にいうと10回走れば8回表彰台という恐ろしい確率となっている。

これに、パリ~ニースでのポイント賞1位と山岳賞2位を獲得したときの表彰台をもふくめると、17/19=約89%となる。

この点について、ファン・アールトは次のように述べる。

It’s not something that will work like that for too much longer. In a few days and during the Tour de France for sure.

情報源:Wout van Aert continues his amazing statistical run in 2022 with 14 podiums in 19 races

訳「この高い割合はそんなに長く続くものちゃうけどね、もう少ししたらツール・ド・フランスがあるしね。ツールが終わればもっと低くなるよ。」

“I am focusing now on my sprint and my time trial, and I changed my training to climb better, I would lose in other areas,”

情報源:Wout van Aert continues his amazing statistical run in 2022 with 14 podiums in 19 races

訳「今はスプリントとタイムトライアルに力いれてるけど、ツールのために登り強化のトレーニングすれば、その他の分野では負けることになるやろね」

このように話し、ツールではさすがにログリッチのアシストもしながら、かつポイント賞も狙いながら、連日勝ち続けるのは難しいと想定しているのだろう。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6266

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!