危険な雨の下り・・・2021ツール第16ステージの結果と感想

第16ステージは雨で下りが危険なステージとなった。

今日のコース

ツール・ド・フランス
©ASO 大会公式より

先日の記事「明日の第16ステージのコースの概要。2021ツール・ド・フランス」でも書いたことだが、休息日明けということで逃げが決まりやすい日であり、また逃げが決まりやすいコースでもある。

その記事では次のように予想を書いた。

アラフィリップ、バルベルデ、ファン・アールトらパンチ力のあるクライマーが優勝するか。もしくは、エースがいなくなったBora-hansgroheやLotto Soudalが複数名を逃げに送りこみ、その中から優勝者が出るか?

雨の下りと謎の追走コンビと

最初は、カスパー・アスグリーンとマティア・カッタネオのDeceuninck-QuickStepコンビに、イネオスのKWSKが合流して3人の逃げ。しかし、やがてこの3人は追走に吸収され10人ほどの逃げ集団となる。ポイント賞2位を争うマイケル・マシューズとソンニ・コルブレッリもこの集団に入った。もちろんマーク・カヴェンディッシュは参戦せず。

そして中間スプリントは、

このあとゴールまで残り40kmをきってBora-hansgroheのパトリック・コンラッドがアタック。見事に抜け出し独走をスタートさせる。

一方、コンラッドを追いかける2名は、トップクライマーのダヴィ・ゴデュとスプリンターのソンニ・コルブレッリというよくわからない組み合わせ。コルブレッリは選手の系統としてどういう扱いをすればいいのか。今年になって脚質の謎っぷりに拍車がかかった気がする。

このあとコンラッドらは2級山岳のCol de Portet-d’Aspetを下ることになるが、この下りが雨で濡れておりかなり危険な下りになった。

コルブレッリも危機一髪。

なおこの下りは、2018年にフィリップ・ジルベールが落車した下りだ。

だがコルブレッリとゴデュも、コンラッドを捉えられないまま、その後方集団に吸収。コンラッドは快走を続けて、残り10kmをきっても追走とは1分以上の差がついたまま・・・

というわけで、ゴールシーンをどうぞ。

サガンを失ったBora-hansgroheが再び勝利!オーストリアチャンピオンが歓喜のグランツール初勝利!

チームメイトの同じオーストリア人ルーカス​・ペストルベルガーも喜びの謎ポーズをプレゼント。

さてここでブタの予想をもう一度掲載。

アラフィリップ、バルベルデ、ファン・アールトらパンチ力のあるクライマーが優勝するか。もしくは、エースがいなくなったBora-hansgroheやLotto Soudalが複数名を逃げに送りこみ、その中から優勝者が出るか?

??「僕、言いましたよね?」

ポガチャルら総合争いの集団もあの下りで落車もなく無事にみんなで(?)ゴール。その誰もが明日に備えてあまり無茶はしなかったか?という印象。

今日のトップ10

順位選手名チーム名タイム差ボーナスタイム
1   PATRICK KONRADBORA – HANSGROHEB : 10”
2   SONNY COLBRELLIBAHRAIN VICTORIOUS+ 00h 00′ 42”B : 6”
3   MICHAEL MATTHEWSTEAM BIKEEXCHANGE+ 00h 00′ 42”B : 4”
4   PIERRE LUC PERICHONCOFIDIS+ 00h 00′ 42”
5   FRANCK BONNAMOURB&B HOTELS P/B KTM+ 00h 00′ 42”
6   ALEX ARANBURU DEBAASTANA – PREMIER TECH+ 00h 00′ 42”
7   TOMS SKUJINSTREK – SEGAFREDO+ 00h 00′ 45”
8   JAN BAKELANTSINTERMARCHE – WANTY – GOBERT MATERIAUX+ 00h 00′ 45”
9   DAVID GAUDUGROUPAMA – FDJ+ 00h 00′ 47”
10   LORENZO ROTAINTERMARCHE – WANTY – GOBERT MATERIAUX+ 00h 01′ 03”

2 thoughts on “危険な雨の下り・・・2021ツール第16ステージの結果と感想

  1. コンラッド(コンラット? コンラート?)がついに勝ちましたね!
    予言的中ですね!
    もうみんな忘れてるだろうけど、1週目にはスヘリンフが山岳賞ジャージを着ていたこともあるし、これでケルデルマンがGC5位以上になればBORA-hansgroheとしてはまずまず成功ですかね。

    1. ケルデルマンは6位なのでそのあたりの順位はまだまだ今日の第17ステージの展開次第でごろっと入れ替わるチャンスはかなりあるブヒね。
      2位から9位まで大きな変動が十分あり得るはず。
      ウラン、カラパス、ヴィンゲゴーは、ポガチャルへの攻撃よりもむしろ自分たちより下位の選手から攻撃されることにどう対処するかといったほうが重要になるかも??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください