レムコ・イヴェネプール(Remco Evenepoel)

クイックステップがティム・メルリールら3名の移籍を発表

これまでの噂どおりにアルペシン・ドゥクーニンク(Alpecin-Deceuninck)に所属しているエーススプリンターで、今年のツール・ド・フランスの選手には選ばれなかったティム・メルリール(Tim Merlier)が、クイックステップと契約したことが発表された。

クイックステップのツイッターをどうぞ。

そして同時に現在アンテルマルシェ(Intermarché-Wanty-Gobert Matériaux)所属のヤン・ヒルト(Jan Hirt)、そしてチームDSM所属のカスパー・ピーダスン(Casper Phillip Pedersen)の移籍も発表された。

クイックステップから来年マーク・カヴェンディッシュがいなくなるため、メルリールがファビオ・ヤコブセン(Fabio Jakobsen)とともにチームのエーススプリンターとなる。

はたして来年のツールにはメルリールとヤコブセンのどちらが出場するのだろうか。それにも大きな関心が集まることだろう。

これで来年のクイックステップには、現ベルギーロードレース王者のティム・メルリール、そしてベルギー個人TT王者のレムコ・エヴェネプール(Remco Evenepoel)の2名が揃うことになった。観客のベルギー人の熱狂はさらに高まるだろうか。

メルリールの親友ベルト・ファン・レルベルフ(Bert van Lerberghe)がすでにクイックステップにいるため、メルリールはその親友にリードアウトしてもらいたいと望んでいる。

同時に新加入となるヤン・ヒルトはグランツールなどで大逃げを狙える選手で、チームの作戦を幅を広げてくれる選手で、アラフィリップのアシストもできるだろう。

ピーダスンは今年引退の名発射台イーリョ・ケイセ(Iljo Keisse)に代わる発射台として活躍しそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください