Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレースニュース

ウランの勝利でカヴェンディッシュ移籍は消滅か。2022ブエルタ第17ステージ優勝でチームEFはウランの契約延長を期待

EF Education-EasyPostは、リゴベルト・ウランの現役続行と契約延長を熱望

Share your love

昨夜の2022ブエルタ・ア・エスパーニャ第17ステージは、EF Education-EasyPostのリゴベルト・ウランが35歳のベテランらしく最後まで冷静に、けれども熱く走ってステージ優勝。ひさしぶりのグランツールでの勝利となった。

そんなウランのチームEFとの契約は今年かぎり。そして今回の勝利で、チームEFのボス、ジョナサン・ヴォーターズは、ウランが来年もチームで走ってくれるよう契約延長を期待している。

情報源:Vaughters hopes Urán will postpone retirement following Vuelta a España stage win

リゴベルト・ウランが来年について決断するのはブエルタが終わってからの予定だが、ジョナサン・ヴォーターズはウランのためにチーム保有選手枠を1つあけて待っているとラブコールを送る。

そして仮にウランの現役続行かつチームEF残留が決まった場合について、ヴォーターズは次のように述べる。

“If Rigoberto decides to carry on then that means Cavendish is a no-go for us. I’ve not talked to Cavendish’s agent for a month, so I think it’s to be assumed he’s not coming here,”

訳「もしウランが来年もチームEFで現役続行してくれる場合、それはカヴェンディッシュ加入はないということを意味する。ここひと月はカヴェンディッシュの代理人と話はしていないから、うちには来ないということやろね」

なおカヴェンディッシュについては以下の過去記事でも紹介してきたように、現在ProTeamのB&B Hotels – KTMへ移籍する可能性が高いとされている。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6266

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!