2022世界選手権の賞金額

【格差なし】世界選手権の賞金額は?今年は男女同じ賞金額

世界選手権で優勝するといったいいくらもらえるのだろうか?今年の2022世界選手権はその賞金額、そしてコース設定ともにこれまでとは異なる大会となっている。

女子のコースが長く、長く、長く

今年の世界選手権は珍しいコース設定になっている。個人タイムトライアルではエリート男子とエリート女子がともに34.2kmと全く同じ距離、全くコースを走った。史上初のことだ。

女子の個人TTの距離としては長め。一方で世界選エリート男子の個人TTとしては距離が短め。女子に寄せたという感じはある。史上初の試みだ。

一方でエリート男子・エリート女子のロードレースでは、女子は164.3km(獲得標高2433m)、男子は266.9km(獲得標高3945m)となっている。さすがにロードレースでは男女全く同じ条件というわけにはいかない。トイレ問題など女子固有の問題もあるからだ。

ただ、個人TTにおいて男女同じコース設定となったのはやはりジェンダーレス?というか、そういう最近の世界的トレンドがあるのは確かだろう。

2022世界選手権の賞金額は男女同じ

この結果、女子選手にとっては嬉しいことがある。それは男女の賞金格差がなくなったことだ。次のツイートを見て欲しい。

これは今年の世界選手権の賞金額だが、このようにエリートの男子・女子の個人TT、そしてロードレースともに同じ賞金額になっている。

エリート男子・エリート女子の場合は、個人TTでもロードレースでも同じ賞金額で、

  • 1位 8000ユーロ(約115万円)
  • 2位 4000ユーロ(約57万円)
  • 3位 2000ユーロ(約28万7000円)

となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください