Enter your email address below and subscribe to our newsletter

フランス凱旋門とツール・ド・フランス

新生B&& Hotelsはまだメインスポンサーが不在。チームを率いるジェローム・ピノーが認める

B&B Hotels - KTMを率いるジェローム・ピノーが、メインスポンサーとまだ契約できていないことを認める

Share your love

現在のフランスのProTeamであるB&B Hotels – KTMは来年度からパリ市と提携し、さらにチームバイクも新しくなり(BMCへ?)、いわば新生B&Bとしてスタートすることが予定されている。

しかし、UCIに対して来年のチーム活動のためのライセンスを申請する締め切りの第1期限にも間に合わず、さらには今週パリで開催されるはずだった新チームのプレゼンもキャンセルとなった。

これらのことについてメディアからは、チームのメインスポンサーがまだ獲得できていないとの報道がなされていた。

そして今回チームを率いるマネージャーであるジェローム・ピノー(Jérôme Pineau)がフランス紙Le Telegrammeのインタビューで、正式にメインスポンサーとの契約がまだできていないことを認めた。

情報源:Jérôme Pineau breaks silence to reassure riders but sponsor situation remains critical

これまでの報道では、メインスポンサーの1つはフランスのスーパーマーケットチェーンのカルフール(Carrefour)またはフランスのAmazonのどちらかではないかとも言われている。

しかし、ピノーはそのどちらともまだ契約できていないことを認める。ただメインスポンサー以外のスポンサーはすでに獲得できているようだ。

メインスポンサーがまだ決まっていないという現在の状況についてピノーはヤバいと考えているとのこと。仮にそれが決まらないという状況になれば当然来年度のチームづくりは白紙。これまで契約したスポンサーもおそらく契約を破棄することだろう。選手の身分がどうなるのかという問題もある。

ピノーは「メインスポンサーとの契約に向けて頑張っている。もうすぐ落ち着くべきところに落ち着くと思っている。11月には朗報を届けられるようにしたい」と話す。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6667

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!