Enter your email address below and subscribe to our newsletter

シマノのロードバイクホイールとベアリング

シマノがカートリッジ式ハブを発表。カップ&コーンにさようなら?

シマノがカップ&コーンのハブにさようなら?カートリッジベアリング採用の新ハブを発表

Share your love

シマノはこれまで頑なにカップ&コーン方式のハブを使い続けてきたが、それにサヨナラを告げ?新しくカートリッジ方式を採用したハブを発表した。

情報源:Shimano says RIP to cup-and-cone bearings with new hubs

さきほどの記事で新コンポShimano CUESを紹介したが、そのCUESの発表と同時に今回の新しいハブも発表された。それがカートリッジ方式の製品を含めた以下の4つのハブだ。

  • Shimano TC600・・・スルーアクスル用。Micro SplineとHGフリーハブボディとの間で素早く交換可能なシステム採用。ラビリンス構造とコンタクトシールを採用
  • Shimano TC500 とQC500・・・スルーアクスルとクイックリリース用。Micro SplineとHGフリーハブボディとの間で素早く交換可能なシステム。これもラビリンス構造とコンタクトシールを採用。
  • Shimano QC300・・・エントリーモデル。クイックリリース用だが、15mmナット締アクスルと互換あり。これだけがカップ&コーン方式のまま。

今後はシマノも本格的にシールドベアリングのカートリッジ式に移行し、デュラエースホイールなどもカップ&コーン式ではなくなっていくのだろうか。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6590

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!