Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ドーピング

2022年ドーピングは過去8年で2位の29件も、ワールドツアーはナイロ・キンタナの1件のみ

2022年のドーピング件数は29件で過去8年で最高も、ワールドツアーではナイロ・キンタナの1件のみ

Share your love

2022年の自転車界のドーピング件数は29件だったとプロチームなどが作った自治組織MPCC(Mouvement Pour un Cyclisme Crédible)が発表した。

情報源:29 cases of alleged doping recorded in cycling in 2022, but only one at WorldTour

この29件という数字は、その前の2021年より10件多く過去8年では2位の多さだった。2022年のドーピングは15の国、そして6つの自転車レースの分野から発生したもので、全29件のうち23件が男子選手によるものだ。

ただしロードレースのワールドツアー(WorldTour)とプロツアー(ProTour)に関していえば合計で2件だけだった。ワールドツアーで唯一のドーピングはナイロ・キンタナ(Nairo Quintana)のあのトラマドール事件のものだった。

ただし、これまで書いてきたとおりトラマドールは世界アンチドーピング機関WADAによる禁止薬物ではなくキンタナのドーピングはWADAのルールに抵触したわけではなく、あくまでUCIが独自にトラマドールを規制していることに違反したものだ。

しかしMPCCはWADAよりも厳しい基準で自主的に規律を定めているため、トラマドールであってもUCIはもちろんMPCCの基準にも違反したことになり、MPCCの考えではドーピングとなる。

そしてキンタナが所属していたアルケア・サムシック(Arkéa-Samsic)はMPCCのメンバーでもあったため、チームとしても厳しい態度を取らざるを得なかった。

なお昨年の7月にはUCIがコンチネンタルチームのW52-FC Portoについてそのチームライセンスを剥奪している。ドーピング疑惑があったからだ。所属していた選手らも処分を受け、7人の選手が3年~最大7年のレース禁止処分を受けた。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6531

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!