Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレースの2023ツール・ド・フランス第1ステージ

初日から熱すぎヤバすぎ!2023ツール・ド・フランス第1ステージの感想・結果・ハイライト動画

初日からヤバすぎて大興奮!2023ツール・ド・フランス第1ステージの感想・結果・ハイライト動画

Share your love

ついに2023ツール・ド・フランスが開幕となった。その初日は、ツール・ド・フランス史上で初日としては最も難しいコースと評価されているものとなっている。

ツール・ド・フランスでよくある昔ながらの第1ステージというのは、わりと和気あいあい、のんびりムードでスタートという感じで最後の数十キロだけ本気モードという感じが多いのだが、今年はそんな厳しい難易度のコースが用意されたこともあり、総合成績争いがしょっぱなから発生する可能性がある。調子があまり上がらずに初日を迎えた選手は大きく遅れるかもしれない。そんな危険な初日だ。

そして実際に「タダの初日」にはならず、大会初日からいきなり大興奮の1日となった。

第1ステージのコース

すでに記事「今夜の2023ツール・ド・フランス第1ステージのコースについて」で紹介してあるので、そちらを見て欲しい。

感想・ハイライト

大会最初の山岳ポイントを制したのは・・・

ついに始まった2023ツール・ド・フランス。まずは仮のスタートでパレードラン(お披露目走行)がスタート。

ツールの初日だからか?少し長いパレードランのように思えたが、そこからアクチュアル(実際の)スタート!

2023ツール・ド・フランス第1ステージ

そして今年の大会最初の山岳賞ポイントが近づく。つまり、2023ツール・ド・フランスで最初に目立つチャンス!

そこでツール・ド・フランス初出場となるノルウェーのUno-Xが飛翔!なんとしても目立つという意地のスプリント。

2023ツール・ド・フランス第1ステージ

Uno-Xのヨナス・グレゴーが見事に大会最初のポイントを獲得することに成功。しっかりとチームをアピールすることも実現。なしとげたぜ!

みんな大好き新城幸也

ジロ・デ・イタリアからアジア選手権、そして先日の日本選手権を終えたばかりのバーレーン・ヴィクトリアスの新城幸也が

ワウト大阪のおばちゃん説

新城幸也曰く、

「ワウト・プールス(Wout Poels)とジャック・ヘイグ(Jack Haig)はいつも同じ部屋だが、ワウトはいつも一人で一方的にしゃべりまくってる」

「ワウトは冗談しか言わない。まともに話し聞いてたらダメ」

とのこと。ワウト・プールスは大阪のおばちゃんだった・・・?

初日でリタイア!有力選手のカラパスとマスが落車・・・

今日最大の難所がゴールから13kmほど手前から始まるピケ坂。この登りは斜度がヤバい。前半から7%と初心者にはつらいレベルだが、その後12%、そして後半は17%という激坂。

ロードレースの2023ツール・ド・フランス第1ステージ

だがそんなピケ坂にまだ入る前の下りで、有力選手の二人が激しく落車!一人はチームEF Education-EasyPostのエース格で東京五輪ロードレース金メダリストのリチャル・カラパス(Richard Carapaz)、もう一人はMovistarのエースのエンリク・マス(Enric Mas)。

ロードレースの2023ツール・ド・フランス第1ステージ
ロードレースの2023ツール・ド・フランス第1ステージ

特にMasは右肩を激しく打ったようで鎖骨の骨折か脱臼の疑い濃厚という感じ。バイクに再びまたがろうとはせず立ったままで診察を受けていたが、数分後やはりその場で大会をリタイアという発表がなされた。

一方でカラパスはしばらくしてバイクに再びまたがりレースに復帰。しかし痛みに顔をしかめながらペダルを踏む始末。完走できるのかと不安・・・だがトップから15分以上遅れたが無事にゴールにたどり着いたことが確認された。しかし明日からのレースに出走できるかどうかはわからない。

(追記・・・第1ステージ終了後カラパスのリタイアも発表された)

激坂の3級山岳ピケがいろいろヤバい!

そして今日最大の「壁」、ピケ坂に集団は突入。

ここでUAEが積極的に先頭へ。ポガチャルを守ることと、ライバルチームの崩壊を図るため、フェリックス・グロスシャートナー(Felix Großschartner)が先頭を爆走!

ところが後ろからは誰もついてこない。グロスシャートナーは気づかないまま。まるで彼が逃げ切り勝利を狙ってアタックしたかのような動きになる。だが彼もなんか変だと思ったのだろうか後ろを振り返り、ようやく状況を把握してポガチャルたちを待った。

そしてそのすぐ後ついにあの男が動いた!

ピケ坂を登りきったところに設定されている山岳賞ポイントをポガチャルが1位通過で山岳ポイントをゲット。

まるで今年の日本選手権!?

山頂を目指して加速したポガチャルたちだが山頂を通過すると速度を緩める。そんな彼らを追い抜いたのが、イエーツ兄弟ことポガチャルのチームメイトのアダム・イエーツ(Adam Yates)と、ジェイコ・アルウラーのサイモン・イエーツ(Simon Yates)だ。

ロードレースの2023ツール・ド・フランス第1ステージ

二人は双子で、ライディングフォームもそっくり。ダンシングも似ている。🐷はサイモン・イエーツ(Simon Yates)のダンシングが大好きだ。

このアタックは二人とも予定していたのだろうか、それともたまたま偶然そうなっただけなのか?たしかに二人とも脚質・実力は似ているし、それゆえ攻撃するタイミングも理論的には同じになるが、それでもかなり珍しい光景。

この二人のアタックを見て、かつてのシュレック兄弟ことフランク・シュレックとアンディ・シュレックを思い出した。弱虫ペダルのあのキャラの大胸筋ではない。

また同時に今年の日本選手権で終盤に抜け出した山本兄弟を思い出した。

🐷「まるでこの前の日本選手権の山本兄弟やんwww」

ロードレースの2023ツール・ド・フランス第1ステージ

イエーツ兄弟から15秒ほど遅れてポガチャルやヴィンゲゴーの小さな集団が続くが、ポガチャルはチームメイトのアダムが優勝するかどうかなのでその小集団の先頭には出ない。頑張る必要がないので体力温存。

一方、この日の優勝候補の一人ワウト・ファン・アールト(Wout van Aert)もその集団にいるが、イエーツ兄弟との差が少しずつ開きつつあり、残り距離も少ないので、もはやしかけても届かない感じになる。

結局最後は双子の兄弟対決。野球アニメのレジェンド「タッチ」の初代OP曲が🐷の脳内で流れ始める。

ツール・ド・フランス史上初日としては最も過酷と評された1日を制したは、ポガチャルのチームメイトのアダム・イエーツ!

🐷は途中で「これでアダムがマイヨジョーヌ取れば明日からUAEはプロトンを先導する責任負って無駄に疲れるから、マイヨジョーヌはとらないかも?」

と考えたりもしたが、やはり初日マイヨジョーヌの栄光は格別なもの。

🐷「数日だけそれをキープしてメディアで目立ち、あとはサクっと他チームに渡せばいいか」

とも思った。

またポガチャルは3位に入ったためボーナスタイムを4秒獲得。4位以下の選手から4秒有利となった。こうしてしっかりとボーナスタイムを積み上げることがグランツールでは非常に重要。やるべきことをきっちりとやるあたりポガチャルはやはりすごい。

いやーそれにしても今年のツール・ド・フランスは初日から熱すぎる。レース展開も熱いが、スペインで最もロードレース熱が熱いとも思われるバスク地方が舞台だけに観客の応援も熱すぎ!まるで最終週の超級山岳ステージのような雰囲気で大盛りあがり、視聴者も画面から伝わる熱い雰囲気に大興奮。明日からも大観衆が大会を盛り上げるだろう。

やはりツール・ド・フランスはスポーツイベントとしても特別で別格だと改めて再認識した1日だった。

レース全体のハイライト動画

結果

ステージトップ10

1Adam Yates UAE Team Emirates1位との差
2Simon Yates Team Jayco AlUla0:04
3Tadej Pogačar UAE Team Emirates0:12
4Thibaut Pinot Groupama – FDJ,,
5Michael Woods Israel – Premier Tech,,
6Victor Lafay Cofidis,,
7Jai Hindley BORA – hansgrohe,,
8Mattias Skjelmose Lidl – Trek,,
9Jonas Vingegaard Jumbo-Visma,,
10David Gaudu Groupama – FDJ,,

総合トップ10

1Adam Yates UAE Team Emirates1位との差
2Simon Yates Team Jayco AlUla0:08
3Tadej Pogačar UAE Team Emirates0:18
4Thibaut Pinot Groupama – FDJ0:22
5Michael Woods Israel – Premier Tech,,
6Victor Lafay Cofidis,,
7Jai Hindley BORA – hansgrohe,,
8Mattias Skjelmose Lidl – Trek,,
9Jonas Vingegaard Jumbo-Visma,,
10David Gaudu Groupama – FDJ,,

各賞ジャージ

ジャージ選手名チーム名
マイヨ・ジョーヌ(総合首位)アダム・イエーツ(Adam Yates)UAE Team Emirates
マイヨ・ヴェール(ポイント賞)アダム・イエーツ(Adam Yates)UAE Team Emirates
マイヨブランポワルージュ(山岳賞)ニールソン・ポーレス(Neilson Powless)EF Education-EasyPost
マイヨ・ブラン(新人賞:25歳以下)タデイ・ポガチャル(Tadej Pogačar)UAE Team Emirates
Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6427

2 Comments

  1. ポギはもっと安全運転に徹するかと思いましたが、いつも通りレースの主役でしたね。スプリントもしたし、言われてるほど調子悪くなさそう。アベマで無料の日にいいもん見れましたわ。

    • ポガチャルはやっぱり今年も自由に走る感じになりそうブヒね。
      あとは本気でダンシングしたときに手首がどうなのか・・

      そしてユンボとヴィンゲゴーは昨年動揺にきっちりと管理という感じ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!