Enter your email address below and subscribe to our newsletter

大混乱を招いたポガチャル「あれはただの脚のストレッチ」、G「なんやこれ!」。2024ジロ第3ステージ後のコメント

2024ジロ第3ステージ後のポガチャルとGのコメント

Share your love

昨夜の2024ジロ・デ・イタリア第3ステージはまたしても見ている人間は大興奮の狂った展開となった。その第3ステージ終了直後のレビュー記事がこちら。

本来ならその日はなにもおこらないはずの平穏な平坦ステージだったはず。実際レースはスタート直後からのんびりムード。静かな1日だった。だがラスト3kmでそんな平穏とスプリンターチームの思惑をぶち壊したのがタデイ・ポガチャル。

ポガチャルのレース後のコメント

彼がチームEFのミッケル・ホノレのアタックに反応し、合流したゲラント・トーマスをひきつれゴールへ突き進んだからだ。

だがレース後にポガチャルは「あれはアタックちゃうよ。ホノレの動きにあわせただけ。ただ脚をストレッチしただけや」とおどける。

情報源:“IT’S A BIT LIKE A GAME” – TADEJ POGACAR SHOWS NO SIGNS OF CONSERVATISM WITH THRILLING LATE ATTACK ON STAGE 3 OF 2024 GIRO D’ITALIA

ポガチャル曰く「実際にステージ優勝できるは思ってへんかったよ。だからただの脚の運動やで」。ホノレの動きに反応したら、自分が集団から先行した形になったのでそのまま走り続けたというだけ、そんな感じだったとポガチャルは話す。

ローテーションに加わろうとしなかったゲラント・トーマスについては、そうなるのは理解してたから別にどうも思わなかったとコメント。

ゲラント・トーマスのコメント

そしてそんなポガチャルに引きずり回された形となったゲラント・トーマスは、ゴール後に、「こんなんレース前の計画になかったわ!」と笑う。

イネオスとしてはホノレが動いた局面でGの近くにフィリッポ・ガンナとジョナタン・ナルバエスがいるはずだったのだが、二人はGから離れてしまっていた。つまりチームメイトのアシストを期待するのが難しい状況だったようだ。

まさにそのとき、ホノレとポガチャルが動いたが見えた。そこで自分もいったほうがいいだろうと判断したようだ。

ポガチャルと二人きりになってから、Gは「自分はもう疲れて無理や」と伝えたが、それに構わずポガチャルは突き進んだ。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6502

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!