Loading...
その他レース

2018ジロ第1ステージ:1位と2位を分けた要素とは?パワー&速度のデータからわかるタイムトライアルで勝つコツ。

ロードバイクとロードレース

ついに始まったブヒ。2018年ジロ・デ・イタリア。DAZNでワシも見てた。中盤あたりからかな。

 

今年のジロはイスラエルという安全保障上、地球全体において最もヤバい国の1つでのスタート。でもま、無事に初日は終わったブヒね。イスラエル国民は全員武器を服の下に携帯してて、何かあれば国民一丸となって戦略的に対処するとか噂あるけど、これマジ?

 

日本の安倍首相もヨルダンでお仕事中やから、隣国のイスラエルに顔出してジロを観戦するかな~とか思ったけど、普通に考えて警備上&スケジュール上そんないらん手間かかるようなことするわけないね。仕方ないね。ちょっと顔出して欲しかったけどね。日本選手が出てたなら顔出した可能性も?どうやろね。

 




 

 

 

2018ジロ第1ステージ個人タイムトライアル:優勝者と2位を分けたデータ上の違いは何だったのか?

 

ロードバイクとロードレース
From Giro d’Italia Twitter

 

①コースが特徴的

 

ロードバイクとロードレース
2016 © RCS MEDIAGROUP S.P.A. 公式サイトより

さて、ジロ第ステージはまずは個人タイムトライアル。コースのプロフィールは上画像の通り。アップダウンとテクニカルなコーナーが続くタイムトライアルとしてはちょっと変わったコース。距離は9.7㎞。

 

特にゴール前の登りがいやらしい。最大斜度は9%。平均斜度は4.6%。プロならアウターギア余裕の時速40㎞以上で驀進できる程度の坂やけど、ゴール前にあることで、序盤からそれを考慮にいれた計画的な体力マネージメントが必要。

 

あとは下りから突入するコーナーの処理の仕方で1秒~コンマ数秒の差が蓄積されていく。実にヤラしい。




 

 

②1位と2位の選手のデータ

 

情報源:“DEFENDING CHAMPION TOM DUMOULIN STORMS TO GIRO D’ITALIA STAGE 1 WIN”

 

さて1位と2位の選手の差はたったの2秒差。

 

で、ちょっとポイントなる部分を抜粋すると、まずスタート後、序盤におけるデータがこれ。上情報源から。

 

 

1位選手の、最初の山でのデータは、

 

Time: 2’25”

Speed: 40.9km/h

Cadence 100rpm

Power: 470W

Max power: 720W

 

 

次に、2位の選手の、最初の山じゃなくて、最初の1キロのデータがこれ。

 

Time: 1’21”

Speed: 44.4km/h

Cadence 97rpm

Power: 530W

1min peak580W

Max power: 900W

 

で、これらのデータは計測区間が同じじゃないから、これらの比較自体にはあまり意味はない。でも、これは結論への伏線となるんや。

 

次にコース中央の山での計測データがこちら。

 

1位2位
Time2’422’44
Speed45.445.1
Power430460
Max Power740680

 

平均パワー(出力)自体は、2位のほうが上。最大パワー(出力)は1位のほうが上。

 

最後のゴール前の登りスプリントのデータを。

 

1位2位
Time1819
Speed41.240.2
Power880860
Max Power9801020
Cadence10099

 

こっちは上のコース中央の山のデータとは違い、2位のほうが最大パワーが上。

 




 

 

タイムトライアルで速く走るコツ

 

ロードバイクとロードレース
From Giro d’Italia Twitter

 

で、これらのデータから何がわかるねん?だから、なんやねん?という話になるわけやけど、

 

1位の選手は、

 

720W→740W→980W

 

2位の選手は、

 

900W→680W→1020W

 

という変遷。

 

これ何かわかる?これは両者の最大出力の変遷。最初の区間→中央の山の区間→ゴール前スプリントの区間という順番。

 

で、どう?

 

1位と2位の差ってわかる?

 

数値のばらつき加減を考えてみ。1位と2位、どっちがバラつきがでかい?そう2位の選手のほうなんや。

 

つまり、1位の選手のほうが、出力の管理・制御ができているということ。パワーマネージメントが上手かったということ

 

ロードバイク初心者に対するアドバイスで、「長距離は淡々と一定のペースで走るほうが実は速いんやで」というのがあるやん?登りがあるからいうて、そこだけえらい頑張ってもそこで体力を無駄に使ってしまって、その後遅くなっていくから、頑張るだけ無駄やで、みたいな。

 

それと似たようなもんやね。ま、スポーツに限らず、人間関係でも同じかもしれへんけどね。一定の関係を安定して維持できるほうが良い、みたいな。

 

今回の第1ステージの結果を大雑把にまとめたらこんな感じ。

 

(今日のおまけ:最近夏に向けてジンジャーエールを家に常備。いつも買うのは炭酸水で一番人気?のウィルキンソンのやつ。アサヒ飲料 ウィルキンソン ジンジャエール 強炭酸 500ml×24本。キレがあってあまり甘くなくて大好き。まさに大人のジンジャーエールって感じ。ウォッカやウィスキーで割って楽しむ)

 

2018ジロ・デ・イタリア第1ステージのハイライト動画。

 

第2ステージの紹介動画。

 

今回の記事と関係する過去記事やで。読んどけよーどけよー。

ツール・ド・フランス2017第6ステージ感想・レビュー。スプリントの最高速度はデマール。スプリントで勝つコツと要素は?選手のデータで判明。

ツール・ド・フランス2017第10ステージ感想・レビュー。ゴールスプリントのデータ&バルセロナのサッカー選手ピケがやらかす。

[google adsense]



[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK