Loading...
ニュース

Specializedから最速のチューブレスタイヤS-Works Turbo RapidAirが新登場。グリップも転がり抵抗もチューブラーを凌駕

Specialized Turbo Rapidair チューブレスタイヤ

Specializedからチューブラーを凌駕する最新&最速のチューブレスタイヤが登場。S-Works Turboシリーズの最新作となる。その名も、RapidAir。



今この記事を作ってる時点では、日本公式サイトや日本公式通販サイトには情報はなし。ただし、日本公式Facebookでは情報が掲載されたような形跡があるが、すぐに削除されたもよう。フライングしたか?

米国公式サイトで↓情報チェックをどうぞ。


Spcialized公式:S-Works Turbo RapidAir



Specialized S-Works Turbo RapidAir概要



画像は上の公式やInstgramでどうぞ。



シーズン前半からプロがプロトタイプ版を使用



そもそも今回発売となる最新・最速のチューブレスタイヤS-Works Turbo RapidAirやけど、そのプロトタイプ版は今シーズンの前半からプロトン内部でテストがされていた。それがようやく、公式に一般販売となるわけやね。なお一般販売は9月からのもよう。



最近のトレンドとして、チューブラーを捨ててチューブレスタイヤに乗り換えるプロも多くなってきた。理由は当然に、性能の差。今やチューブラーよりチューブレスやクリンチャーのほうが性能が高い。簡単にいえば速い。もちろん場面ごとに使い分けるのが現状では正解。

たとえば、今年のクラシック戦線におけるAlexander Kristoffがチューブレスタイヤを使って勝利を挙げ、そしてパリ~ルーベでそのチューブレスがパンクしまくって「アホか!」みたいに怒ってたのもその例。

さて、今回のSpecializedの最新&最速タイヤであるS-Works Turbo RapidAirは、以下のような特徴を持つ。

  • 同社史上最速
  • 同社史上最軽量
  • 同社史上最高の耐パンク性能
  • オールランダ― タイヤ
  • 700×26mmと700×28mmの2種類用意
  • ケーシングは120tpi(ブチルビード)
  • 独自のGriptonコンパウンド
  • 独自の耐パンク技術、BlackBelt搭載
  • 重量 260g(700×26mm)
  • 販売は9月からの予定
  • 日本での価格は8000円



やったぜ。

もちろんDeceuninck-QuickStepの選手の多くがツールですでに使用中。


チューブラータイヤとの性能比較:グリップ力も転がり抵抗もRapidAirの勝ち


同社のSW Turbo Allround チューブラータイヤとの性能を比較した画像が↓のもの。

Specialized S-Works Turbo RapidAirチューブレスタイヤと同社SWTurbo チューブラーとの比較 ©2019 BikeBoardMedia, Inc. From BIKERUMOR,“Specialized’s all-new Turbo RapidAir tubeless road tire, race-proven at le Tour”



まず画像の←半分にあるグラフは、コーナーリングでのグリップ性能を表している。

赤色グラフは路面がドライのときの、緑色グラフは路面がウェットのときの数字となる。

ドライ時は同チューブラーが17.0、RapidAirは20.1。ウェット時は同チューブラーが10.1、RapidAirは12.1.よって、RapidAirの勝利。

次に画像→半分のグラフは転がり抵抗の性能を示す。

同チューブラーの抵抗は18.7、RapidAirは15.9。RapidAirは転がり抵抗が、同チューブラーと比べて、15%ほど低いということになる。

Specializedファンやタイヤ(機材)オタクの諸君は今すぐ確かめてみたいやろうけど、販売は9月ごろの予定なので、もうちょっと自宅待機ね。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)


2 comments
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」