Loading...
ニュース

2019ツール第15ステージ、アラフィリップが犯したミスとそれについての本人コメント

ジュリアン・アラフィリップ



情報源:Julian Alaphilippe says he’s learning from his mistakes as his advantage narrows in Tour de France 2019



昨夜の第15ステージで、パリでの表彰台を狙う面々からタイムを失ってしまったJulian Alaphilippe。その要因の1つが、その日のラストマウンテン、1級山岳Prat d’Albisで結果として余計な動きをしてしまったこと。

すなわち、少しでもライバルたちとの差をつめようとアタックしたThibaut Pinotについていってしまった。Egan BernalとEmanuel Buchmannもついていったけど、IneosはGが後方待機という形になったので、Bernalの動きは至極当然のもの。

しかし、連続的にペースを上げるThibaut Pinotには誰もついていけず、結局Alaphilippeは後退してしまう。つまり、骨折り損のくたびれもうけ。ここが明らかなミスとなった。



この動きについて、Alaphilippe本人はこう述べる。

“I just raced instinctively as usual. When I saw Thibaut going I went because I saw Bernal and Buchmann going too. I knew that I had a bit of a a margin on Thibaut and I could have not followed, but I’m used to racing the way I want.



訳「いつもと同じように直観で動いただけや。Pinotが動いたときワシも動いたのは、BernalとBuchmannもいこうとしてたからや。頭の中ではPinotに対してちょっとしたタイム差はあることは当然わかってたんやけど、そんで、実際にはついていけなかったわけやけど、でもこういう本能で動くみたいなのがワシのいつものレーススタイルなんや」



“We can always do the race again, but at the point when Pinot attacked I felt good and it was only later that I didn’t feel so good. I’m not used to defending the lead in a stage race. I’m learning from my mistakes.



訳「ワシらはいつもレースを連続して走れるわけやけど、Pinotがアタックしたときその時点では、ワシは今日もいけるわと感じてたんよ。でもそのほんの少し時間が経ったとき、ワシは今日は調子悪いと思ったんよ。ワシはステージレースで総合首位を守るような走りに慣れてへん。日々失敗を糧にして学んでるところや」



“I remain realistic and on the gradients we have ahead I’m aware that it will be difficult. It’s not a surprise that I’m starting to struggle.



訳「ワシは今でも現実主義や。今後の山岳ステージのコースを考えれば、総合首位の維持は難しいやろなと覚悟しとる。でもま、マイヨジューヌのために死力を尽くそうとするのは当然やろ?」

今日は休息日。どれだけ回復し、そして第三週目の死闘に挑めるかが勝負の分かれ目。でもマイヨジューヌ着用してるだけにメディア対応で大忙しやろね。お疲れさん。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
5 comments
  1. アバター
    marco

    注目の15s終わりましたね~。

    Gは昨年優勝して、レース後の対応が面倒だったと分かっている。
    だから、アラフィリップにマイヨジョーヌを着させているのではないだろうか?

    昨日もIneosは、トレインを組めない(調子が悪い)のではなく、3週目に向けて
    温存しているように見える。(特にクフィアトコウスキー)

    ただ、3週目(18,19,20ステージ)で1分35秒をひっくり返せるか?と
    言われると、アラフィリップの調子が戻れば難しくなってしまう。

    どうなるアラフィリップ?どうするG、Ineos?

    楽しい寝不足は、まだまだ続く。

    1. piginwired
      piginwired

      アラフィリップの限界?もみえてきて、Thibaut Pinotの調子の良さや、Jumbo-Vismaの名前が読めないさんの堅調ぶりもすばらしく、いよいよおもしろくなってきたブヒね

  2. アバター
    yoshimotoya120

    大本命が不在で今年は盛り上がるのかしら?と思っていたら、蓋を開ければ日替わりで勝者となるわ、まさかのアラフィリップくんのマイヨジョーヌにウエレンスの赤玉、そんな混沌状況を安定のサガンで締めるという実に面白い展開ですね。

    ワタシとしてはアラフィリップくんとチームにとって千載一遇のチャンスでもあり、これを逃すとクラシック狙いからツール狙いに体制や作戦を組み替えない限り、当面は ”無い” だろうと見てました。
    なので(マスも脱落したことだし)チームも腹くくって総合優勝に向けて死力を尽くしてほしい、と願ってます。
    豚さんも指摘してるとおり、最終週はイネオス、ユンボ、FDJは総攻撃でしょうから。

    なので今週はもう本能で動くな、アラフィリップくん! 耐えて耐えて耐え忍ぶんだ!

    1. piginwired
      piginwired

      個人的に、仮にシャンゼリゼでアラフィリップがツールを表彰台に上った場合に、
      万年金欠集団のチームにフランス企業(または国際企業)のスポンサー話がやってくると良いなと思うブヒ。

      1. アバター
        yoshimotoya120

        確かに総合獲ったらスポンサー集めはずいぶん楽になりそうですねぇ。
        チームの価値がぐんと上がりますもんね。
        北のクラシックで勝ちまくっても、ベルギー国内向けにはいいとしても、ワールドワイド的にはちょっと…というところでしょうから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」