Movistarがフィジークの変な新サドル「ANTARES VERSUS EVO 00 ADAPTIVE」を使っている?3Dプリンタ製。

さっきの記事でもツアー・ダウン・アンダーで見られるプロのバイクの特徴について書いたけど、この記事でも同じような記事となる。チームMovistarの選手が、おそらくフィジーク(Fi’zi:k)の新製品であろう、ANTARES VERSUS EVO 00 ADAPTIVEというサドルを使っていると思われる。



まずMovistarの選手のバイクを見てもらおう。まずは通常版(?)というかこれまでのバイクとサドルはこちら。



わかりにくいかな?ちょっと拡大してみよう。

Movistarが使うフィジークのサドル
Movistar Twitterより



一方で、最新の画像はこちら。



これも拡大。

フィジークのサドルANTARES VERSUS EVO 00 ADAPTIVE
Movistar Twitterより



あと、このTwitterの画像からも



フィジークのサドルANTARES VERSUS EVO 00 ADAPTIVE
Movistar Twitterより



サドルに細かな穴が開いてるように見えると思う。

で、Fi’zi:kの新型サドル(3Dプリンタで作られたサドル)がこちら。


Fi’zi:k公式:ANTARES VERSUS EVO 00 ADAPTIVE

どうだろう。たぶんこれやね。



どんな乗り心地なんやろね。なおまだ未発売。公式通販ページには「カミングスーン」と書いてあるけど、販売時期は不明。日本公式にもまだ情報なし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください