チームIneosのヴァシル・キリエンカ引退へ



チームIneosのベテラン、ヴァシル・キリエンカ(Vasil Kiryienka)の引退が発表された。ベラルーシ出身のタイムトライアルスペシャリスト。年齢は38歳。年齢的にいえば、引退するのも十分わかる年齢ではある。しかし今回の引退の直接的な原因は年齢ではなく病気。

チームIneos公式:Vasil Kiryienka to retire





キリエンカは、チーム公式ページで次のように述べている。

“It’s a really sad day for me, but it’s the right decision based on the advice I’ve been given by the medical team.



訳「めっちゃ悲しいけど、医療チームのアドバイスに従った正しい決断だと思う。」



キリエンカは、心臓が普通ではない形になってしまう心奇形を患っていた。この病気が見つかったのが、2018年のシーズンオフから2019年序盤の間だったか、毎年の定期健康診断でそれが見つかった。そして2019年は全くレースをしないままで終わった。心臓だけに無茶すれば生死に直結するからね。

これまでもチームの機関車として活躍し、それを今後も期待されいただけに本人としてもチームとしても残念。でもしゃーないね。

なお今後どのようなキャリアを歩むのかはまだ未定。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください