ツール・ド・フランス

ツールは7月25日~8月16日の開催か?



下記情報源記事によると、スペインの通信車EFEがツール・ド・フランス主催者側は「プランB」の方向で動いてると報道したもよう。

プランB、それはすなわち、本来なら6月27日から開催予定だったものを7月25日~8月16日までの開催とするプランであるとのこと。なおコース設定はそのままらしい。

情報源:Tour begins work on ‘plan B’ to delay until late July

実は先週の金曜日の時点で、メディアからはツールの主催者側が日程を遅らせて開催させるため各種団体と協議に入っているとの情報が出てきていた。

今回のEFE社の報道はそれを少し掘り下げて、具体的な日程まで出してきたのが新しいと言える。またEFE社によると、地方自治体との交渉にも入っているとか。

実際に今年のツールの第5ステージの舞台となるPivasの市長は、「別に1ヶ月かそこら開催が遅くなっても、我々にはなんの問題もない」とのコメントをしている。

どうやら、このプランBの方向で固まりつつある?

Twitterでもブログ更新情報をつぶやいてるのでフォローしみてね。



【関連記事】

なぜIneosのルーク・ロウが新しい自転車を購入したのか?

マチュー「できれば今年ツールにデビューしたい」

カヴェンディッシュが語る引退、最大のライバル、ロードレースの変化、最高の総合系選手など。ブラッドリー・ウイギンスとのやりとり。



2 thoughts on “ツールは7月25日~8月16日の開催か?

    1. たしかにそうブヒね。かといってブエルタも遅らせると世界選手権とかぶってしまうので難しいことブヒね。

      なおブエルタ側は今のとこ「全ステージちゃんとやるで!」との方針みたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください