Enter your email address below and subscribe to our newsletter

44歳が現役復帰!?シドニー五輪の金メダリスト、ミゲル・マルティネスがロードレースに復帰か

44歳のおじさんが、ロードレースに復帰か。菱沼由季典選手のチームへ?

Share your love



最近はスポーツ科学、医学、栄養学などの進歩によりいろんなスポーツで、選手寿命が長くなっているように思われる。

もちろんスポーツ以外の普通の生活においても、60歳でも若い方。まだまだヤングという扱いである。下手したら70歳でも若いと言われる。サラリーマンもどんどん定年退職の年齢が伸びていく。

ロードレース界を見てみると、ダビデ・レベリン(Davide Rebellin)が48歳になってもまだコンチネンタルチームのMeridiana Kamen Teamで走っている。

そしてそんなレベリンの後に続くかのように、なんと元五輪金メダリストのミゲル・マルティネス(Miguel Martinez)が44歳にして、コンチネンタルチームのAmore&Vita – Prodirと契約したと報道されている。

情報源:Report links Miguel Martinez in return to road racing



ミゲル・マルティネスは2000年のシドニーオリンピックのMTBで金メダルに輝いた選手で、プロのロードレースでも少し走っていた。2002年にはQuickStepに所属し、同年のツール・ド・フランスでは44位でフィニッシュ。

契約したとされるAmore&Vita – Prodirからは、この記事執筆時点ではまだ公式発表はない。

さて、Amore&Vita – Prodirというコンチネンタルチームには実は日本人選手がいる。その名は菱沼由季典(ひしぬま ゆきのり)。



菱沼選手とチームメイトになるであろう。菱沼選手はミゲル・マルティネスのことを知っているのだろうか?



Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6427

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!