2021 ロードバイク Scott Foil

【2021モデル】Scottから新Foil登場。フォークが新設計となった代表的エアロロードバイク

ScottのエアロロードバイクといえばFoilシリーズだが、ついにその2021年モデルとなる新型Foilが発表された。そして土曜日から始まるツール・ド・フランスにて、ワールドツアーチームMitchelton-Scottは、この新型Foilにさっそく乗ることになるであろう。

海外公式サイト:FOIL

ケーブル完全内装と新デザインとなったフォーク

この新型Foilだが、フレームそのものは現行のFoilと同じである。それは軽量さとエアロ性能との両立、そのバランスをとることを最大の目的としているフレーム。しかし、2021年モデルでは特に次の2点が大きく変更された特徴となる。

ハンドルのSyncros Creston iC SL

第一に、ハンドルにSyncros Creston iC SLが採用されたことで、コクピット周りのケーブルが完全に内装されることになった。このシステムは、去年のAddict RCから導入されているシステムである。それを新型FOILにもそのまま流用した。

このSyncros Creston iC SL最大のメリットは整備のしやすさである。Scott曰く、「めっちゃ簡単!」とのこと。

なぜならそのハンドルが伝統的なヘッドスペーサーを使うヘッドセットシステムと同じような機構となっているからである。詳しくは日本公式サイトの次のページの画像などを見てほしい。

日本公式:CRESTON IC SL

新設計のフォーク

第二に、上述のようにフレームは現行のモデルと同じだが、フォークは新デザインのものとなる。昨今のエアロロードバイクのトレンドにあわせて新FOILもリムブレーキモデルがなくなり、ディスクブレーキモデルのみになるという事情も背景にあろうが、特にケーブル内装を実現し、フォークのエアロ性能の向上も目指したという背景もある。

また昨今の流行りであるワイドタイヤへの対応も施された。700x30cのタイヤまで履けるフォークのクリアランスを確保しているとのこと。

ラインナップと価格

この新型Foilの完成車は、使われるフレーム素材やコンポやホイールなどの違いにより、いろいろ価格が変わるが、最上位モデルとなるFoil Proだけは唯一フレームにFoil HMXカーボンが使われる。その他のモデルはフレームにFoil HMFカーボンが使われる。

その最上位機種Foil Proは、コンポにShimano Dura-Ace R9170 Di2、ホイールにScottが買収したSyncros社のCapital 1.0 50などを使った構成で、£8,099(約114万円)となっているもよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください