ツール・ド・フランスの対コロナルールが緩和へ

先日このブログで、今年のツール・ド・フランスは1チームにつき「選手またはスタッフ」から2名のコロナ陽性者が出ればその時点でツールから排除されると伝えた。いわば、ツーストライク/ツーアウト制である。(過去記事:ツールでは各チーム2名の感染者が出ればチームごと排除

しかし、各チームから「それは厳しすぎる」という抗議の声が相次ぎ、UCIとASOはそのルールを少し緩和することになった。

情報源:UCI and ASO set to soften two-strike COVID test rule

ルール緩和の背景

緩和の背景には上述のようなチームからの抗議もあるが、もう1つ、最近立て続けに起こった「偽の陽性」事件がある。レース前の検査で陽性だと出たのに、後に実は陰性だったと判明する事案が連続して起こっていた。つまり、現行の検査の精度という点で疑義が生じている。

そのような精度ではツールでも間違った陽性結果となるかもしれないのに、厳格にツーストライク/ツーアウト制を運用されツールから退場宣告を受けるとなればチームとしては残念無念すぎる。

ただし、実際にどうように緩和されるのか、その具体的な内容はまだ発表されていないため不明である。おそらく今日中か、あるいは土曜日までには発表されると思うが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください